天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

心躍る多国籍料理でワインはいかが?ウノムンド・ PART2

 

空気がキリッとしています。

日中は秋晴れで少しマシですが、夜になるとぐっと冷えますね。

 

こんな日は、温かい室内で・・・

おいしいお料理とワインなどいかがでしょうか。

 

前回のレポに引き続き、本日もウノムンドさんのご紹介です。

 

 

前回もお伝えしましたが・・・

ウノムンドさんは、現在5周年の記念イベント開催中。

 

 

大きな声で言いますが、

11/22(土)の今宵もドリンク半額です!!!!

 

 

 

 

ウノムンドさんは、JR天満駅北側のエリアにある多国籍料理やワインなどのお酒を
楽しめる〝諸国うまいもん酒場〟です。

 

 

 

前回は、頂いたお料理2点をご紹介しましたが、

食いしん坊、天神橋新聞、実はお酒にぴったりあうお料理をもう1品頂いておりました。

 

 

 

それが、コチラ。

 

愛媛産 真鯛のソテー(南仏風)です。

 

皮目をパリっと香ばしく焼き上げてあります。

シンプルな味付けの新鮮な鯛に、レモンをギュッ!!

上にはディルが盛りつけられていますので、一緒に食べると香り良くさっぱりと頂けます。

 

 

白ワインなら、確実に3杯はいけます。

 

 

 

ウノムンドさんのお料理は、ハーブやスパイスの使い方が、絶妙。

お肉も魚も野菜も、新たな息吹が与えられたように生き生きしております。

そして、あっさりと頂けてしまいますのよ。オホホホ。

 

 

 

お魚などは仕入れによって変わるそうですが、こちらもお店で人気のメニュー。

ウノムンドさん流の外はパリっ、中はふわっとしたお魚のソテーを召し上がれ♪

 

 

 

 

そして、ウノムンドさん。

 

 

実は、とっても面白いワインをそろえてあるお店なんです。

入り口は行ってすぐの左手のボードにワインリストがあります。

 

スペイン、アルゼンチン、イタリア・・・などなど、各国のワインがずらり。

有機、ビオワインの印も。

 

 

 

 

いくつか見せて頂いたのですが、左のヒゲの太陽のラベルのものはなんと・・・

 

 

インド産のワイン(白)なんです!

 

とっても珍しいでしょ?!

意外や意外、インドのワイン、、、実はとっても世界では注目されているようです。

 

お味は呑んでからのお楽しみ♡♡♡

 

 

 

テーブルには、このような説明書きが。

 

マキコレワイン?

 

 

ワインボードの下にも書いてあります。

 

 

調べたところ、マキコレワインとは

 

「マキコレ」ワインとは、群馬県出身・フランス滞在十数年、
日本人初のディプロムの資格を持つ金井麻紀子さんという女性が、
約300ものワイン生産者の中から厳選して販売している生産者のワインで、
「金井マキコ・コレクション」の通称。

 

マキコ・コレクション=マキコレ

 

 

つまり、目利きのかたが厳選した、品質や味にこだわり抜いてセレクトされるという
素晴らしいワインのことを言うらしいのです。

 

関西でも、このマキコレワインを扱っておられるところは少ないとのこと。
販売されている酒屋さんも大阪でも1軒なんです。

 

 

天神橋新聞

「そんな貴重なワインをなぜウノムンドさんが仕入れているんですか?」

 

 

よねださん「飲み屋で出会いました・・・」

 

 

 

えっ????

 

 

店主よねださんが、たまたま呑みに出かけた先で隣り合わせ意気投合した青年が、
そのワインを取り扱うお店に勤務されていたということで、お話を聞いているうちに
興味を持ち、縁あってウノムンドさんでも置くことになったというのです。

 

 

 

卸している酒屋さんは、こだわりがあってどこのお店にも卸すというかたでは
ないようで、天満界隈でもマキコレのワインを呑めるのは、珍しいというではありませんか・・・

 

 

 

ワイン好きのかたは、駆け込んで頂きたい。

 

 

 

 

うーーーむ。それにしても、よねださん。

 

 

引きが強い。

 

 

 

 

 

よねださん。

お話を伺えば伺うほど、摩訶不思議な魅力のあるかた。

 

 

 

この15年間ずっと飲食に携わってこられたそうで、このウノムンドさんで3店舗目。

かつては、扇町や南森町でもお店をされていました。

 

 

 

ずっと、天神橋界隈!!

 

 

 

はじめたきっかけなどを伺うと、どれも人との〝ご縁〟〝引きの強さ〟を感じる

エピソードばかり。

 

 

色々なイベントも、店内で開催されているのですが、これも

よねださんの〝引きの強さ〟〝お人柄〟あってのことだと、天神橋新聞、思ってます!

 

 

 

 

旅も好きで、インドやネパール、タイ、ベトナムなどを旅したことも。

 


その時々に受けたインスピレーションや出会った味を

あえて、国を限定せず、オリジナルを大切にしつつ

ウノムンドさん流のワンエッセンスをこめたひと皿として提供しています。

 

 

 

訪れたかたは、ウノムンドさん的、味の世界旅行を楽しみくださいね!

 

 

仕入れは、もちろん天満市場。

ぷらら天満ができるまえ、ちょっとアジアの市場っぽい感じのころの

天満市場の様子も知っていらっしゃいます。

 

 

お店で出しているパンも、天神橋界隈からも近い、中崎町の名店・ブルネンさんのもの。

 

おいしいバゲットです。

 

 

 

 

 

冬場はタジン鍋もぜひに!

 

 

 

 

 

天満・天神橋のポテサで紹介したポテサラもご賞味あれ。

 

ニンジン、キュウリ、ゆで卵、ディル・ケッパーが入った新感覚のポテサラ。

 

その名も「ムーミン谷のポテトサラダ」。

見た目もgood!ウィンクしてます。

 

 

 

 

今後は、南米・ポルトガル・モロッコなどを旅したいという、よねださん。

 

また、新たな〝味〟を天神橋へ運んでくださるのでしょうか。

楽しみです!!

 

 

ありがとうございました!!

 

 

 

 

***********************************

Uno Mundo /ウノムンド

 

住所:大阪市北区池田町10-10 シティコーポ天満102

OPEN:18時〜24時

電話:06-6949-8448

定休日:日曜

 

ウノムンド・オフィシャルフェイスブック

Share (facebook)