天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

美味しい梅酒飲み放題!!天満天神梅酒大会2014

梅の花が咲いております。

春の訪れをかんじますねぇ〜。

 

梅といえば梅酒も良いですよねぇ〜。

寒い時期にはお湯割りでクイッと! ね!!

 

ん??この時期の梅酒といえば!!

そう!!天満天神梅酒大会!!

 

 

やってまいりました!今年で8回目です!!

こちら学生リーダーの吉川さん!!

お忙しいなかインタビューにお答えいただきました!

天神橋新聞:
「まず初めに天満天神梅酒大会はどういったイベントなんですか。」


吉川さん:
「まずはこちらのブースでチケットを購入して頂き、梅酒、リキュールの試飲ブースに
入っていただきます。そこには梅酒210種類、リキュール116種類が出品されているので
気になった銘柄をどんどん試飲していただきます。
そして最後にこれだ!!と思う銘柄を5つずつ選んでいただき投票していただきます。
1次審査で選ばれた上位各10銘柄が、専門家のブラインドテイスティングで総合評価を判定し
日本一の梅酒、リキュールを決定する大会なんです。」

天神橋新聞:
「なるほど!!ここで日本一の梅酒が決定するんですね。
日本一に選ばれた銘柄はすっごく有名になりそうですね!?」

吉川さん:
「はい。昨年日本一に選ばれた梅酒は予約で半年待ちだそうですよ。
参加していただくお客様も自分達の一票で日本一の梅酒を決定できることや
普段とは違う大阪天満宮というロケーションで飲めるということに大変喜んでいただいています。」

天神橋新聞:
「確かに大阪天満宮で梅の花を観ながらお酒を楽しめるのは魅力的ですね!!」

吉川さん:
「しかも出品されるお酒は全て大阪天満宮の境内で一度奉納をしお清めをしているんですよ。」

天神橋新聞:
「それってすっごくご利益ありそう!!
それでは、学生スタッフリーダー吉川さんの天満天神梅酒大会にかける思いを教えて下さい。」

吉川さん:
「私はアメリカで生まれて、中学校、高校と日本のインターナショナルスクールに通っていました。
そこで海外の文化に触れ合う機会が多かったんですが、日本の文化にとても魅力を感じるようになったんです。
この天満天神梅酒大会では梅酒や大阪天満宮を通じて日本人のみならず海外の人にも日本文化の魅力を感じてもらえればと思っています。」

天神橋新聞:
「ありがとうございました。それでは天神橋新聞も早速ブースの中潜入したいと思います!!」

吉川さん:
「こちらが試飲ブースです。いってらっしゃ〜い!!」

 

 

そして天神橋新聞試飲ブースの中に入りビックリしました!!

平日なのにこの盛り上がり!!!!

昨年は大会期間中1万5千人が来場したそうです!

見て下さい!ずらり梅酒が並んでおります!

みんな気になる銘柄をどんどん試飲していきます。

スタッフの方もどんどん笑顔で注いでくれます☆

それでは天神橋新聞も失礼して!!

天神新聞:

「いただきまぁ〜す!!

昼間っから飲む梅酒良いですね〜!!」

お母さん:

「そうでしょ!!さぁいっぱいのんで!!」

天神新聞:

「いや、あんまり飲み過ぎるとこの後の取材が。。。」

お母さん:

「まぁまぁそう言わずハイどんどん飲んで飲んで!!」

天神橋新聞:

「あっ ちょっとお母さん!汗」

 

てな感じでたくさんの銘柄を少しづついただき、一通り試飲が終わったら投票に移ります!

みなさん真剣なご様子!!

 

こちらは「天満梅酒」といって大阪天満宮付近の梅の実で造っている梅酒です!

こちらもご利益ありそうですね!!

販売は大会期間中のみ。もちろん試飲もできます!

 

会場の皆さんとっても楽しそうです!!

お友達同士でカンパ〜イ!!!

こちらはご夫婦で参加☆

天神新聞:
「みなさん梅酒大会どうですか〜??」

お客さん:
「もう最高っすよ!!チュー!!」

 

とっても大盛り上がりの天満天神梅酒大会、今週末2月23日(日)まで開催しております!!

 

くれぐれも未成年の方、車を運転される方の飲酒はダメですからね!!

 

☆昨年の天満天神梅酒大会の様子はこちらから☆

***************************

天満天神梅酒大会2014

開催期間:2月15日(土)〜2月23日(日)
10時〜16時まで(入場締切りは15時半)

会場:大阪天満宮境内

チケット:当日券 700円  (販売は15時まで)
前売券 600円  (売切れ)
パンフレット付きファスト券 1,000円(売切れ)

大会ホームページ:http://umesusu.jp/

Share (facebook)