天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

関西屈指の琉球料理店「てぃーあんだ 扇町本店」

また1つ良いお店を見つけましたので、紹介しちゃいますよ!!

今回は、ここ天神橋界隈ではかなり有名なお店。聞くところによると、

関西でも指折りの琉球料理の名店!!

やってきたのは「てぃーあんだ 扇町店」

地下鉄「扇町駅」の交差点のところです。

テン〜テテテン〜♪ ♪

三線のBGMが流れる店内。

良いですね〜、波の音が聞こえてきそうですよ!!

(未見の地 ”沖縄”… いいところなんでしょうね〜…)

(来年こそは…)

 

 

 

 

 

「いらっしゃいませ!」

おばぁ

「 どうぞ、ごゆっくり!!」

天神橋新聞

「 !?あ、(いかんいかん、ジャーナリズム精神!!)天神橋新聞と申します!!」

通称 ”てぃーあんだのおばぁ”  (沖縄出身)

お店のことを一番良く知るという、お店のお母さんのような方です!!

赤い花の髪飾りがトレードマーク!!

材料はすべて沖縄から取り寄せているという、お店自慢の料理はすべて手作り!!

店名の「てぃーあんだ」というのは、”手”(てぃー)の”脂”(あんだ)。

美味しい料理のわけは、作る人の”愛情”と”手の脂”も入っているからという事なんだそうです。

ずらッと並ぶ、泡盛は全部で48種類!!

ここまでの種類を取り揃えるお店はそうないじゃないでしょうか。

 

では、さっそく料理を頼んでみましょう!!

「沖縄ヒラヤーチー」

沖縄では、おやつで出すこともあるというポピュラーな家庭料理。

見た目は、チヂミみたいですが、、、

これにポン酢を付けて頂くと、、、

めちゃくちゃウマい!生地フワッフワッ!!

玉ねぎの甘さが効いていて、とってもやさしい味なんですよこれが。

しかし、紅ショウガくんは名脇役ですね〜。

そして、この甘く味付けされているポン酢もまた美味い!

どんどんいきますよ〜!!

「三枚肉の煮付け」

良い感じに味付けされてて、肉厚!!お酒進む〜。

「そばイリチャー」

こちらは”沖縄そば”を使った焼きそば。シャキシャキの野菜との相性も抜群!!

「ラフテー」は、2日間じっくり丁寧に脂抜きをしているという手間のかけよう!!

他には、、、

「ミヌダル」

しげるちゃんもビックリなこの黒さ!!いかにも珍味のようなこのお料理は、

豚肉のロースを”黒ゴマ”、”泡盛”がベースになったタレで漬込み、”せいろ”で蒸し上げた

琉球王朝時代の宮廷料理。

沖縄でも珍しい料理だそうです!!

「卵の牛肉巻き」

卵丸ごと1個を牛肉で巻いたオリジナルメニュー!!

まるで、逆すき焼き!!

卵好きにはたまりませんね〜!!

「琉球美人」

人気の泡盛!!すっきりと飲みやすいんですが、ジワジワ気持ち良くなっていきます!!

 

天神橋新聞

「 いやぁいいですね〜だんだん気持ちよくなってきましたよ〜♪♪」


おばぁ

「2階も見ていきますか? 何か始まるみたいですよ。」

天神橋新聞

「2階?」

おばぁ

「うちは2階もあるんですよ。」

ということで、2階に上がってみると団体のお客さんがいらっしゃいます

どうやら、とある会社の社長さんのお誕生日パーティーが行なわれているようですね。

おめでとうございます!!

ここで、何やら準備をはじめる店長。

ア〜ィイヤサッサ〜♪♪

店長による生ライブ!!

そう!お客さんの要望次第で、いつでもスタッフさんが歌ってくれます!!

一緒に歌うお客さん!!

「沖縄では遊ぶときには、みんな一緒になって遊ぶんですよ!』と話すおばぁ。

夜になると、お店はいつも満員でにぎやか!!

超オススメです!!

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

「琉球料理と泡盛 おばぁの味 てぃーあんだ」 扇町本店

住所     大阪市北区末広町3-22

Tel. 06-6363-8070

営業時間   17:00~24:00(ラストオーダー 〜23:30)

定休日   不定休(原則無休)

ホームページ  http://www.be-ing.jp/~t-under/index.htm

 


大きな地図で見る

Share (facebook)