天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

天満・天神橋界隈が音であふれる!第17回天満音楽祭が10月2日開催!

さぁいよいよ明日開催です!!

 

tenon_logo

 

2016年10月2日(日)天満・天神橋の地が音楽で埋め尽くされます!!

もうご存知の方も多いかと思いますが、天満音楽祭、略して「天音」!!

毎年、この時期になると行われているイベントで、

天神橋にあるOAPタワーを中心に、天満・天神橋地区一帯が

音楽であふれる1日になります!!

今から遡ること16年前の2000年に、生まれも育ちも天満っ子という

地元を愛する音楽好きな団塊世代の方々が、

「音づくり・仲間づくり・街づくり」をコンセプトにスタートされました!

 

当初は、有志の方々ではじめたそうなんですが、回を重ねるごとに協力してくれる

仲間や店舗などが増え、今ではものすごい数の方が訪れる人気イベントに…

 

出演するバンドも関西のみならず、全国からエントリーするほどなんです。

会場ごとに、音楽ジャンルも異なっていまして、音楽好きには

たまらないラインナップとなっています!

ちなみに昨年の様子はこんな感じ!!

th_eIMG_0765

th_e2015-012

th_e2015-084

th_e2015-014

もぅ街中いたるところがライブ会場で、

音楽好きが次々にライブを観に行くライブサーキットと言った感じ!

 

今年の参加アーティスト総数は約322バンド1532名で、

音楽のジャンルは、ゴスペル・ジャズ・軽音楽・カントリー・フォーク・

クラッシク・ハワイアン・ロック・等々!!

OAPタワー(大阪アメニティパーク)を中心に周辺のお寺や教会、

区民ホール、小学校、商店街の一角、クルーズ船船上、

大阪駅(サテラ イト会場)など26会場で繰り広げられます!

会場のMAPは、と言いますとこんな感じ!

th_map

もぅ広大すぎて何がなんだか分からん!!(笑)

詳しい会場については、ホームページから確認出来ますので、

是非そちらから!!

 

 

そして、何を隠そう「天音」の凄いところは、、、

なんと基本、入場料は無料!!!

※一部ライブハウスのみワンドリンク制有り

つまり、タダでライブ観放題!音楽聴き放題なんです!

しかも、各会場は歩いても廻れまるのですが、無料シャトルバスまで運行しています!!

バス時刻表

th_th_bus_time

メイン会場となるのは、OAPタワー1階のお祭り広場で、

朝の10:00からOPEN、イベントがはじまるのは、10:30。

会場によって異なりますが18時、19時頃までたっぷりと音楽を楽しむことができます。

 

メイン会場でパンフレットをゲットして、天満・天神橋界隈へ

繰り出していくことをオススメいたします。

今年は、代々木アニメーション学院の学生さんがデザインをされたそうです!

 

また、毎年恒例となっている一般参加者の方と一緒に、

メインステージのフィナーレでゴスペルを唄う「ゴスペルワークショップ」や、

(OAPつばさステージ)またOAP2階では、天満楽器マーケットも開催!

さらに、北区民センターでは、入場無料のフリーマーケットも開催されます!

gospel_image2

ん〜イベント目白押しで、どうやって会場をまわるかワクワクしますね!

 

また、会場の一つである「天三おかげ館」では、

facebookで天音出演バンドをライブ配信で紹介するそうです!

天神橋新聞でもレポーターとして活躍中の、

天神橋のアイドルグループ「TEN6」も出演します!

ten3okagekan_02

どうしても明日は予定があって、、、、

という方は、Facebookのライブ配信をご覧になってみてはいかがでしょうか!!

Facebookページ:https://www.facebook.com/10onosaka

 

さらに、本日10月1日(土)は、

前夜祭&前夜ナイトライブが行われています!!

th_happy-comecome

関西テレビ扇町スクエアにて、10時からのライブ と、

夜には、天神橋界隈のお店でライブがおこなわれます!!

※詳しい会場や演奏時間はこちらからご確認下さい。

本日、天満・天神橋界隈のお越しの方は是非立ち寄ってみてはいかがでしょうか!?

 

そして、最後に天音の魅力について、実行委員会の方に伺いました!

実行委員会 むらっちさん:
天満音楽祭の魅力は、地域住民が協力して、会場提供から当日のボランティアまで、アマチュアミュージシャンの演奏の場をすべて自分たちの力で提供しているところだと思います!
「音づくり・仲間づくり・街づくり」をコンセプトに、有名なアーティストを呼ぶわけではなく、純粋に音楽が好きな人たちが集まって、出演者、来場者、運営スタッフみんなで作り上げています!」

とのこと!!

そうなんです!!ここまで凄いイベントは全て、

地域のボランティアの方々300名以上で作り上げられているんです!

まさに、天満・天神橋地域の地元の方々による生粋なホット イベント!

明日は天神橋新聞も参戦させて頂きたいと思います!

それでは、明日 天満音楽祭を楽しみましょう!!

th_slide_01

 

******************************
天満音楽祭
ホームページ http://www.ten-on.jp/
Facebook  https://www.facebook.com/10onosaka
Twitter https://twitter.com/10on_osaka

Share (facebook)