天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

第17回 天満音楽祭出演者募集中!!

 

年間を通して、大小様々な行事やイベントが

催されている天満・天神橋界隈。

 

そんな数あるイベントの中でも音楽に特化しているのが

天満音楽祭

 

 

毎年10月に開催される天満音楽祭は、「音づくり、仲間づくり、街づくり」を
コンセプトに、2000年から始まり、今年で第17回目!
ジャズやポップス、ロックからゴスペル、民族音楽まで、
様々なジャンルの音楽が天満界隈で繰り広げられる音楽のお祭りです!

 

入場料は、なんと!無料。

 

当初は、有志の方々ではじめたそうなんですが、回を重ねるごとに協力してくれる
仲間や店舗などが増え、今ではものすごい数のかたが訪れる人気イベントに成長し、
毎年大勢の音楽好きの皆さんが楽しんでいるんですよ!

 

 

天神橋新聞:過去の記事

http://tenjinbashishinbun.com/tenon2015-0113.html/

1-3-590x821

 

1-4-590x417-590x417

(※こちらは昨年の資料です。)

 

 

 

今年は・・・

2016年10月2日(日)に行われます。

 

そんな・・・

 

 

天満音楽祭は、現在出演者を絶賛募集中!

 

天音出演者募集2016

 

 

天満音楽祭の一番の特徴は、市民手づくりの音楽祭!ということです。
運営は地元市民の手で、出演者もアマチュアが中心。
アマチュアバンドのみなさん、天満の街角であなた方の音楽を披露してみませんか?!
今年の会場数は約25、バンド数は約300組を予定。

 

エントリーは公式ホームページで、5月20日まで!

 

実行委員会のかたに天満音楽祭の楽しみ方をお伺いしてみました。

 

天満音楽祭のおすすめですが、
聴く人にとっては、当日は天満界隈のいろんな場所で、会場ごとにいろんなジャンルの
音楽が聴けるので、自分の好きな音楽を聴きに行くもよし、普段聞かない音楽を楽しむもよし。

また、これからの世に出て行くかもしれない、プロを目指すミュージシャンを探すのも
楽しいかもしれませんね! あと、参加する楽しさとしては、自分たちの音楽を街行く人に
聞いてもらえますし、そこで音楽仲間も作れます!アマチュアバンドが中心なので、
「最近音楽はじめました!」という人でもウェルカムです! さらに、運営する楽しさがあります。

音楽を楽しむ場づくりをすることが、街づくりにつながる実感があります。
天満音楽祭は、音を楽しめる雰囲気づくりをするための、これといった型がないので、
基本的には現場の裁量に委ねられています。運営メンバーもすべてボランティアなので、
気軽に参加できます!
とのこと。

 

イベントに参加するもよし。演者として参加するもよし。

スタッフとしても関わるのも楽しそうですね!

 

 

ボランティア希望のかたはこちらから→http://ten-on.jp/volunteer.html

 

 

天満音楽祭に関しての最新情報は

こちらを要チェック!

http://www.ten-on.jp/

 

 

◉オフィシャルfacebook

https://www.facebook.com/tenon.jp

 

 ◉オフィシャルtwitter

https://twitter.com/10on_osaka

 

 

奮ってご応募ください!!

Share (facebook)