天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

「天神橋 RADIO Vol.34」

 

 

 

みなさん突然ですが今日は何の日かご存知ですか!?

今日は9月4日!!

「ク(9)ラシ(4)ック」の語呂合からクラシック音楽の日なんですよ!

日本音楽マネージャー協会が1990年に制定したこの日ですが、

音楽家の無料報酬によるコンサートが開かれたりもしているそうで。

 

ということで、今回の天神橋RADIOは天神橋新聞がチョイスしたクラッシック音楽をお届けします!!

 

 

 

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ

ヨハン・ゼバスティアン・バッハは、18世紀のドイツで活躍した作曲家・音楽家で、 バロック音楽の重要な作曲家の一人。鍵盤楽器の演奏家としても高名で、当時から即興演奏の大家として知られていた。


バッハ/G線上のアリア

 

 

 

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン

ドイツの作曲家。バッハ等と並んで音楽史上極めて重大な作曲家の一人とされ、「楽聖」とも呼ばれる。その作品は古典派音楽の集大成かつロマン派音楽の先駆けとされている。


ベートーヴェン/エリーゼのために

 

 

 

フランツ・シューベルト

フランツ・ペーター・シューベルトは、オーストリアの作曲家。各分野に名曲を残したが、とりわけドイツ歌曲において功績が大きく、「歌曲の王」と呼ばれることもある。


シューベルト/魔王

 

 

クロード・ドビュッシー

クロード・アシル・ドビュッシーは、フランスの作曲家。長音階・短音階以外の旋法と、機能和声にとらわれない自由な和声法などとを用いて独自の作曲を実行した。 ドビュッシーの音楽は、特徴的な作曲技法から、「印象主義音楽」と称されることもある。

ドビュッシー/アラベスク

 

 

 

いかがでしたでしょうか!?

あまりクラッシック音楽を聴く機会の少ない天神橋新聞ですが

こうして聴いてみると心が落ち着いて良いものですね♪♪

 

 

Share (facebook)