天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

第七回天神祭献詠短歌大賞締め切りまで約1ヶ月!

4月1日から募集がスタートしていた

第七回・天神祭献詠短歌大賞

てんじんまつりけんえいたんかたいしょう

 

の締め切りである、

7月8日(金)まで約1ヶ月と迫ってまいりました。

 

◉天神祭献詠短歌大賞の記事→http://tenjinbashishinbun.com/tenjintanka2016-0173.html/

 

学問詩才に優れた歌の神様でもある菅原道真公を祀る大阪天満宮は、文学に大変ゆかりの深いところです。
ご応募いただいた短歌は全て道真公に献詠され、大阪天満宮で授賞式が行われる、名誉ある短歌大賞です!

 

 

短歌大賞の名前に『献詠(けんえい)』とついているのですが

献詠とは神社などの歌を奉るという意味の言葉で、

大阪天満宮の年間行事として公式に認められていることを示しています。

 

 

全国各地から素晴らしい短歌が集まることで知られていまして、

香川 ヒサさん、加藤 治郎さん、高田 ほのかさん…といった歌人の先生がたや

土居 年樹(天神橋筋商店連合会会長)さんや、柳野 等(大阪天満宮 禰宜)さんに

よる厳正なる審査の元、入賞作品が選ばれています。

 

 

昨年は861首の応募がありました!

 

一般部門

・大賞【1首】/選者賞【3首】/天神橋筋商店連合会賞【1首】/大阪天満宮賞【1首】

 

子ども部門
・大賞【1首】/選者賞【3首】/天神橋筋商店連合会賞【1首】/大阪天満宮賞【1首】

 

 

一般部門の投稿料は二首一組千円、子ども部門は無料!

どなたでもご応募できます。

 

 

現在「祭」と「縁」に関する短歌を大募集中。

※「祭」「縁」という言葉は入れても入れなくてもOKです

 

 

大賞賞金5万円!大賞以外の入賞者へも豪華副賞が!

http://tenjintanka.net/

 

 

 

昨年度の受賞者の皆様の写真

th_DSC00082

 

 

応募された歌は全て道真公に、献歌され・・・

th_DSC00104

 

 

受賞作品は、商店街の中にも掲示されます!

DSC01805

 

「祭」をテーマにした全国規模の短歌大賞は他に例がありません!
短歌に詠むことで、祭をより深い思い出にして欲しい。また、地域のつながりを支える祭への
関心を高め、これをご「縁」に、その思いを31文字で表現することで自分の暮らす街や
ふるさとへの思いを深めていただきたいという願いを込めて、歌人の高田ほのかさんの発案の
もと、2010年から粛々と行われています。

 

天神祭という、素晴らしいお祭り文化がある天満・天神橋界隈にふさわしい大賞だと思います。

 

 

インターネットからも投稿も可能です。

http://tenjintanka.net/form/

 

 

ぜひ、ご応募ください。

 

 

そして

 

 

さらに、その天神祭献詠短歌大賞を支えてくださるボランティアさんも

募集しています。

 

◉日時: 2016年8月20日(土)

◉時間:13時~15時くらい

◉集合場所 :大阪天満宮の社務所

 

募集人数:2~4名

 

連絡先:090-1903-7868 (天神祭短歌実行委員会事務局長 吉岡)

※お電話のおかけ間違いがないようにお願いいたします。

 

子ども部門、一般部門の応募作品から選者が選んだ約60首を、大阪天満宮の境内に展示します。
その作業をお手伝いしてくださるボランティアさんを募集しています。

 

11902302_787698598026410_6738023503917986536_n

11895199_787698624693074_2541876038047967190_o

入選短歌

 

 

ボランティアに参加すると・・・

・普段なかなか入れない大阪天満宮の参集殿に入れます。

 

・どんな作品が選ばれたのかをみんなより一足先に見ることができます。

 

・外に掲示する作業は天満宮さん側がしてくださり、ボランティアさんが作業

するのは天満宮の室内で板に大きな紙を貼っていく作業なので涼しいです!

 

 

ご予定があうかたは、ぜひともお力をお貸しください。

 

 

Share (facebook)