天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

第7回 天神祭献詠短歌大賞募集開始、間もなく!

 

梅の季節も終わり。

いよいよ桜の季節に突入です。

 

 

天満・天神橋界隈、桜の季節が終わりますと

天神祭に向けての、あれやこれやが始まります。

7月といっても、あっという間ですからね!

 

さて、天神祭といえば、日本三大祭りのひとつ。

天満・天神橋界隈が一番盛り上がるといっても過言ではない

大切な行事です。

 

そんな天神祭にまつわる、年間行事のひとつが

 

天神祭献詠短歌大賞

てんじんまつりけんえいたんかたいしょう です。

 

オフィシャルHP    http://tenjintanka.net/

 

 

 

 

今年は、4月1日から募集スタート!

 

『各地で受け継がれる「祭」を詠み、地域への愛着を高めてほしい』

ということで、4月1日~7月8日の3ヶ月間、全国から

「祭」または「縁」に関する短歌を募集します。

 

 

一般部門の投稿料は二首一組千円、子ども部門は無料!

どなたでもご応募できます。

 

 

 

※こちらは昨年の告知フライヤーです。

th_FullSizeRender

 

 

 

天神祭献詠短歌大賞

てんじんまつりけんえいたんかたいしょう とは、

 

学問詩才にすぐれた歌の神さま、菅原道真公をお祀りしている

大阪天満宮の夏の祭典「天神祭」を祝って

2010年から『祭』をテーマに、毎年短歌を募集。

歌人の高田ほのかさんが発案され、今年で第7回目をむかえます。

 

 

高田さんの詳しいプロフィールはこちら

http://honokatanka.com/profile/

 

 

短歌大賞の名前に『献詠(けんえい)』とついているのですが

献詠とは神社などの歌を奉るという意味の言葉で、

大阪天満宮の年間行事として公式に認められていることを示しています。

 

 

全国各地から素晴らしい短歌が集まることで知られていまして、

香川 ヒサさん、加藤 治郎さん、高田 ほのかさん…といった歌人の先生がたや

土居 年樹(天神橋筋商店連合会会長)さんや、柳野 等(大阪天満宮 禰宜)さんに

よる厳正なる審査の元、入賞作品が選ばれています。

 

 

ちなみに・・・

昨年は861首の応募があったそうです!

 

 

 

一般部門

・大賞【1首】/選者賞【3首】/天神橋筋商店連合会賞【1首】/大阪天満宮賞【1首】

 

子ども部門
・大賞【1首】/選者賞【3首】/天神橋筋商店連合会賞【1首】/大阪天満宮賞【1首】

 

th_DSC00082 th_DSC01802

th_DSC01777

 

 

昨年取材させていただきましたが、心に染み渡るような

素敵な短歌の数々を聞かせていただくことができました!

 

 

入賞作品のほか、応募者のかた全員の歌を、菅原道真公に

奉納していただけるというのも、天神祭献詠短歌大賞の特徴のひとつです。

 

th_DSC00104

 

 

先日、高田ほのかさんが、心斎橋のスタンダードブックストア

参加されている「大阪の引き出し」というイベントにお邪魔してまいりましたが

天神祭献詠短歌大賞のお話もありまして、

会場にいるお客さんがたも、真剣に耳を傾けておられました。

その時に短歌を詠むワークショップもあったのですが、とっても面白かったですよ!

IMG_7297 IMG_7298 IMG_7296 IMG_7300 IMG_7299

 

 

学生時代ぶりに短歌というものを詠みましたが、とってもクリエイティブな

作業だなと…五感を使って、頭の中のイメージを57577の中に込める…

すごく刺激的な作業でした!

 

 みなさまにも、ぜひ体感していただきたいです。

 

短歌の魅力は、57577の31文字の中に、

小説の何十ページ分にも匹敵するようなストーリーを込めることが

でき、読んだときにスーッと感動が入ってくるところ。

 

ちなみに、この57577というのは、日本語が一番綺麗に輝くリズム

なのだそうです!

 

 

以前に、高田さんに短歌を詠むアドバイスをいただきました。

 

 

短歌を詠む場合には、特別なことを詠もうとせず

聞いた人、読んだ人の頭の中に絵を描くように言葉を紡ぐと良いとのこと。

自分の中にない言葉は出てこないので、体験したことを素直に…

難しい言葉を使うのではなく自分なりの言葉で表現してみては…ということですので

ぜひ、トライしていただきたいです。

 

 

 

 

天神祭献詠短歌大賞は4月1日より受付開始!

 

詳しくは→ オフィシャルHP    http://tenjintanka.net/

 

 

歌のテーマは、『祭』『縁』です。一般部門と子供部門がありますので

ご家族で応募もオススメです!

 

 

あなたの気持ちを歌にこめてみませんか?

みなさま、こぞってご応募ください!

 

Share (facebook)