天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

第六回天神祭献詠短歌大賞の授賞式に参加してきました!

 

鈴虫の音色が心地よい季節になりました。

あんなに暑かったのに、朝晩すっかり涼しくなりましたね〜

 

さて、先月末。

 

以前こちらでもご紹介させていただいた

第六回天神祭献詠短歌大賞の授賞式に参加してまいりました。

 

 

天神祭献詠短歌大賞は・・・

歌人の高田ほのかさんが中心となって活動していらっしゃる

大阪天満宮の行事のひとつです。

 

th_IMG_6933

 

 

 

『祭』をテーマに短歌を募集。

今年で第6回目を迎えたのですが、回を追うごとに応募数が増えているとのこと。

2015年はなんと!全国から861首もの歌が集まったのだとか!!

海外からも応募があったそうです。

 

すごいですね!

 

 

 

8月29日(土)授賞式は大阪天満宮の参集殿で行われました。

 

th_IMG_9677

th_IMG_9629

 

 

普段は、めったに入ることのできない場所。

th_IMG_9569

 

 

受賞者のかたの短歌が掲げられていたり・・・

th_IMG_9627 th_IMG_9626

 

 

全国から集まった短歌が祀られていました。

th_IMG_9625

 

 

 

天神祭短歌実行委員会・委員長高田ほのかさんはじめ

選者である香川ヒサ先生、加藤治郎先生や、

天神橋筋商店連合会の土居会長、大阪天満宮の柳野禰宜など

錚々たる方々が集まる中、授賞式は行われました。

th_IMG_9572

 

 

キリッとした空気感の中、授賞式はスタート。

th_IMG_9576

 

《賞》は・・・

 

一般部門
・大賞【1首】/選者賞【3首】/天神橋筋商店連合会賞【1首】/大阪天満宮賞【1首】

子ども部門
・大賞【1首】/選者賞【3首】/天神橋筋商店連合会賞【1首】/大阪天満宮賞【1首】

 

 

と、それぞれありまして、総勢10名が会場に集まりました。

 

 

大阪天満宮の禰宜・柳野さんから授賞式に寄せてのスピーチ。

 

th_IMG_9600

 

各部門の大阪天満宮賞から大賞に至るまで受賞者ひとりひとりに

選者の先生方から、短歌についての感想などが伝えられました。

 

 

 

一般部門の大賞を受賞した松村暁二さん。

『太鼓打つ若衆の頭巾のあかあかとゆれて祭りの渡御のはじまる』

 

とても朗らかなかたで、昔から歌を詠むのが大好きなのだとか。

天神祭に参加している若衆の赤々とした頭巾が目の前に浮かんでくるような

とっても彩り豊かな歌を詠まれました。

th_IMG_9615

 

 

こちらが子供部門で大賞を受賞した森野優菜さん。

『かさおどりにぎやかくるくる回るかさおどってみるとあふれる気持ち』

天神祭のワクワクする感じや賑やかさが伝わって来る素敵な一首を詠んでの受賞です。

th_IMG_9595

 

 

また一般部門ではダブル受賞されたかたも!

天神橋筋商店連合会賞と大阪天満宮賞を受賞した湯川まりこさんです。

 

天神橋筋商店連合会賞
『天花粉残した首で駆け出した「こけんときや」と母の声する』

 

大阪天満宮賞
『早暁の夏にまぎれし群集の砂利音止める一番太鼓』

 

天神橋筋商店連合会の土居会長が「こけんときや」という

大阪弁の素晴らしさなどを使っているところや、この歌の中に昔の

古き良き天満界隈の情景が浮かんでくるところなどを、賞賛されておられました。

 

 

選者の先生からも天神祭のはじまりを告げる一番太鼓のことや、たくさんの人が

境内に集まってきてこれから祭がはじまるという雰囲気が漂うところも素晴らしいとのお声が。

th_IMG_9603

 

th_IMG_9618 th_IMG_9623

 

それぞれの受賞が終わったところで次は、さらに重要な式のために

本殿へ移動。

 

 

th_IMG_9635

 

 

高田さんも、皆さんの短歌を携えて移動します。

th_IMG_9637

 

th_IMG_9640

 

 

 

天神祭献詠短歌大賞は、大阪天満宮のたくさん行われる年間行事のうちのひとつ。

 

さらに言いますと大阪天満宮の祭神である菅原道真公は

学問の神様、歌の神様でもいらっしゃいます。

 

 

ということで、応募者全員の歌、全てを菅原道真公に奉納するのです。

 

IMG_9646

 

 

 

神前に短歌を奉納。

th_IMG_9656

 

 

玉串を捧げ、今回の受賞の報告、並びに歌が献詠されました。

 

th_IMG_9668 th_IMG_9662

 

 

今年も素晴らしい短歌が集まったことを、菅原道真公も

お喜びになったことでしょう。

 

 

天神橋新聞も、みなさんの歌を聞きながら、改めて言葉の力とはすごいなぁと

思った次第です。

th_IMG_9673

 

th_IMG_9679

 

 

そして、今回の受賞作品は大阪天満宮の境内に、ただいま展示中。

 

一般部門・子ども部門の大賞短歌が天神橋筋商店街の

ちょうど天神橋3丁目のアーケードの中に掲げられています!

 

th_IMG_9683

th_IMG_9695

 

 

皆さんも、ぜひ来年度の天神祭献詠短歌大賞に応募してみてくださいね!

th_IMG_9697

(左から:加藤治郎先生、高田ほのかさん、香川ヒサ先生)

 

 

 

そうそう。募集といえば・・・

 

 

高田ほのかさんよりお知らせがあります。

さする庵チラシ2

 

sasuruan

anjinbdng_map

“さする庵”という木のぬくもりを感じられるカフェスペースでお茶・お菓子をいただきながら、

大阪天満宮をテーマにした現代の秀歌も知ることができるイベントです!

 

 

初心者大歓迎とのこと!

 

芸術の秋。

あなたの気持ちを短歌にこめてみませんか。

 

 

 

予約:お名前・電話番号・アドレスを下記までお申し込みください。

くれぐれもお間違いのないようにお願いいたします。

メールhonoka0730jp@yahoo.co.jp
電 話090-3822-9616(高田ほのかさん)

http://honokatanka.com/

 

 

Share (facebook)