天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

天神橋百景

大阪天満宮の表門を出て東へ道沿いに歩いて行くと、

相生楼という料亭があります。

 

明治末期に創業した老舗で、大阪を代表する名だたる料亭であります。

 

大阪天満宮とも縁が深く、天満宮での婚礼や式典をはじめ、

天神祭にもこちらのお料理が供されるのだとか。

 

 

その相生楼の一角に立っているのがこちら。

 

 

川端康成生誕地の記念碑です。

 

大阪府茨木市に川端康成文学館というのがありますので

川端康成が茨木市出身では?と思っていらっしゃる方も多いと思われますが

 

 

実は天神橋生まれなんです。

 

 

記念碑には

 

「伊豆の踊り子」「雪国」などの名作で、日本的叙情文学の代表的

作家とされる川端康成は短編小説の名手として国際的に知られ、昭和43年

(1968)に日本では初めてノーベル賞を授与されました。

彼は明治32年(1899)6月14日の生まれで、生家は料亭相生楼の敷地の

南端あたりにありました。

 

 

と書かれています。

 

正確には、大阪市北区此花町1丁目79番地(現在の天神橋1丁目)で

生まれたそうです。

 

医師であった川端康成のお父さんが、この地で開業していたのですが

病気で他界。母親も相次いで亡くなったことから、姉とともに祖父母に引き取られ

大阪府三島郡豊川村(現在の茨木市)に移り住んだのだとか。

 

 

天神橋筋界隈を散策すると、街角にふとあらわれる景色。

 

幼い川端康成の目に映っていた天神橋の景色はどのような

ものだったのでしょうか。

ロマンを感じますね。

 

 

 

 

 

Share (facebook)