天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

あの天神橋バザール・ハンギョクンの取材決行!!

つ、ついにこの時がきた!!

 

天神橋の情報通の皆さまは、ご存知の方も多いかと思いますが、

天神橋界隈には「天神橋新聞」の他にも地域情報を発信するwebマガジンがもう一つありまして、

それが、、、

天神橋筋商店街を楽しむファンによるファンのためのファンサイト。ワイワイがやがや、情報を発信・共有する「天神橋バザール」さん!!

そして「天神橋バザール」さんのマスコットキャラクター「ハンギョクン」!!

これまで、「天神橋バザール」さんと「天神橋新聞」はFacebookでは繋がりを持ち、お互いに「いいね!」を押し合う仲だったんですが、最近、共通の知人(商店街のお店のマスター)からご紹介頂き、実際に連絡を取り合うようになったんです!

「天神橋新聞」と同じく天満・天神橋を盛り上げるべく活動をされている「天神橋バザール」さん!

これは、色々と天神橋の裏情報や面白いネタを教えてもらえるのではないかと思い、

取材のお願いしたところ、心良くOKの返事をしてくれたのです!!

そして、取材当日!!

ハンギョクンがいるという場所に伺った天神橋新聞、、、

 

 

じ、自社ビル!?緊張するぜ!!(汗)

 

しかし、ここで怖じ気づいてはいけないと意を決して、、

 

天神橋新聞:
たのも〜う!!!天神橋界隈の「粋」な情報をお届けする!でおなじみの天神橋新聞です!!!ハンギョクン居ますか!?塩持ってきました!!!

 

 

 

と、奥から出てきてくれたのはハンギョクンの助手でおなじみの宇塚(ウツカ)さん!!

 

 

宇塚さん:
今日はわざわざお越し頂きありがとうございます!!ハンギョクンも、もうすぐ来ますので奥のお部屋にご案内しますね!!

天神橋新聞:
あっ!どうもです、、、あの〜ハンギョクンに塩持ってきたんですが〜、、、

宇塚さん:
えっ!?塩ですか!?何でまた、、、??

天神橋新聞:
その昔、、、戦国時代、遠江の今川と相模の北条の両氏から武田信玄が、経済封鎖をされ塩不足で困窮していたとき、長年敵対関係にあった上杉謙信が武田信玄に塩を送って助けたという話しがるんですが、、、
え〜っとそれにちなんでですねぇ、、、

宇塚さん:
あっ!すいません、気付かなくて!!でも塩は大丈夫ですよ!それよりお部屋にどうぞ!

天神橋新聞:
あっ!そうですよね、、、それじゃ〜失礼しま〜す!!

 

と、天神橋新聞ジョークも空振ったとこで、応接室に案内して頂きました!

 

 

宇塚さん:
ハンギョクンが来るまで少しお待ち下さいね。

天神橋新聞:
じゃ〜せっかくなんで、ハンギョクンが来るまでに、こちらの会社の事を少し教えて下さい!!

宇塚さん:
うちは90年前にこの天満・天神橋の地で生まれた印刷会社なんですよ。

天神橋新聞:
90年ですか!?それは凄い!!もしかしてさっき会社の入口にあった大きな機械も、印刷のお仕事に使うものなんですか!?

 

宇塚さん:
そうですね!あれは昔の印刷機ですね!その他にもうちでは、webサイトやノベリティーグッズのデザインや制作も行っているんです。

 

天神橋新聞:
実際に造られている物にはどんなものがあるんですか?

宇塚さん:
そうですね。書籍、年鑑、社史、雑誌、カタログ、パンフレット、ポスターなどなど印刷物全般を取り扱っています。ノベリティーグッズは大学や会社の記念品なんかのデザインをさせて頂いていますね!その他にも昨年、とってもランチをお得に楽しめ本も発行したんですよ!

天神橋新聞:
ランチをお得に楽しめる本ですか!?

宇塚さん:
はい!それがこの「ランチパスポート」です!!

天神橋新聞:
「ランチパスポート」ってあの関東ですっごく話題になってるやつですよね!?

宇塚さん:
そうですね!元々高知県が発祥で、これまでに20を超える都道府県で発行されているんですが、今回うちの会社が大阪での第一弾として「枚方 寝屋川 交野版」を発行したんです!

天神橋新聞:
大阪で第一弾て凄いですね!!実は僕「ランチパスポート」が凄く話題になっているっていうのは知ってたんですが、実際中身がどういったものなのか知らなくて、、、実際どんなものなんですか?

宇塚さん:
まず、この「枚方 寝屋川 交野版」の「ランチパスポート」には15のカテゴリー、83店舗の厳選ランチメニューがまとめられています。さらに、どのお店も通常750円〜1,000円近くするランチをこの本をお店に持って行くだけで、全て500円で食べることが出来るんです。その他にも、プレミアムメニューを掲載しているお店なら通常1,300円〜1,800円するメニューが1,000円で食べることも出来るんです。

天神橋新聞:
えっ!?「ランチパスポート」をお店に持っていくだけで、そんなにお得にランチを食べることが出来るんですか!?

 

ん〜恐るべし「ランチパスポート」!!!

宇塚さん:
そうなんです!しかも、1店舗につき3回まで特別価格でランチを食べることが出来るので、お気に入りのお店が見付かったら通い続けるのも良し、とにかく新たなお店を開拓するも良しと、2つの楽しみ方が出来ます!!
しかも、本のお値段は1,000円なので、なんと3回ランチに行くだけで元が取れちゃうんです!!

 

天神橋新聞:
「ランチパスポート」良いですね〜!!大雑把な性格の天神橋新聞記者にとっては、割引券みたいにチギって財布に入れておく作業が必要ないっていうのも嬉しいポイントですね!!

宇塚さん:
ありがとうございます!本のサイズもカバンに入れておいても邪魔にならないコンパクトなサイズになっていますし、何よりクーポンの使用期限が切れても、お店の情報はずっと本の中に残るので、どこか美味しいお店を探したいってなった時に、またこの本を見返してお店をチェックして頂く事も出来ます!

天神橋新聞:
確かに使用後は自宅や会社に置いておけば、今後のお店探しにも便利ですよね!

 

 

「ランチパスポート 枚方 寝屋川 交野版」のクーポン使用期限は2月28日(土)と今月いっぱいまでですが、なんと!!3月には「ランチパスポート 枚方 寝屋川 交野版」の第二弾の発行が予定されているそうです!!第二弾はさらに店舗数も増える予定との事なので、これは楽しみにしたいと思います!!ちなみに天神橋界隈ではジュンク堂書店さんの天満橋店で取り扱いがあるそうですよ!!

 

 

 

と、そうこうしていると、ついにあの半魚人の姿が!!!

 

すりガラス越しでもリアルなフォルムが分かるのはさすがです、、、、

 

ハンギョクン:
よっ!!待たせたね!俺っちに話しが聞きたいってのは誰かな!?

 

 

天神橋新聞:
、、、な、生ハンギョクン!!!!!!!

 

 

ヤ、ヤバい!!!

生ハンギョクンを見て一気に天神橋新聞の中に宿る闘魂が燃え上がってきたーーー!!!!!!

 

 

天神橋新聞:
ハンギョクン!!!中に誰か入ってんだろ!?見せろコノヤロー!!

ハンギョクン:
な、なにするんだ!いきなり!!!俺は歴とした大川から生まれた鯉だぜ!!
や、やめろ!!!
こうなったら、てめぇの写真を撮って公開してやる!!

天神橋新聞:
あぁっ!ごめんなさい!!ちょっ、顔出しはごめんなさい!!

天神橋新聞:
あっ!恥ずかしい!!

もうしませんからごめんなさい!!

 

ハンギョクン:
分かれば良いんやけど、、、いきなり飛びかかって来るなんて「天神橋新聞」も結構ムチャクチャなことするなぁ〜!!

天神橋新聞:
すいません!普段はこんなことないんですが、つい面白そうなネタを目の前にすると、自分の中に宿るアントンの血が騒ぎ出してしまい。。。

ハンギョクン:
アントンの血って、、、
まぁ〜分からんことないけど、俺っちが出ている「天神橋バザール」も「天神橋新聞」も天満・天神橋が大好きで1人でも多くの人にこの場所の良さを知ってもらいたいって気持ちは一緒だろ!?
まぁ〜だから仲良くしようやぁ!!

天神橋新聞:
ハ、ハンギョクン、、、、(泣)
メッチャ良い奴じゃないっすか!!( TДT)

ハンギョクン:
そしたら、仲直りの証に、俺たちの聖地といっても過言じゃないあの場所に一緒にお参りに行こか!!

天神橋新聞:
シャァ!!行こうこのコノ野郎!!(`・∀・´)ノ

 

 

という事でやって来たのはこちら!大阪天満宮さん!!!

 

さすがハンギョクン境内に入るなり、早速声を掛けられました!!

ん〜やっぱり外で見るとハンギョクン めちゃくちゃ目立つな〜!!

 

 

そして、早速「天神橋バザール」、「天神橋新聞」揃って、お互いの今後の発展と活躍をお祈りしました!!!

 

 

 

ハンギョクン:
それじゃ〜お参りも済んだことだし、俺っちの行きつけのお店を紹介するゼ!!

天神橋新聞:
おっ!!ハンギョクンの行きつけのお店気になる気になる!!

 

 

と、案内してもらったのは、天満宮さんから商店街に入りすぐのこちらのお店!

 

「あい まい」 さん!!

 

2012年にオープンしたBARで基本的には、
お店のママと面識のある人しか入れない超〜隠れ家的なお店なんです!

 

しかも、天神橋のあの伝説の辛◯料理ハ◯のカレーが食べられるんです!!

 

 

ハ◯ラーと呼ばれるファンの方々はこの情報を聞き付け、夜の営業時間中にもカレーを食べに来ることもあるとか!!

 

早速、天神橋新聞も激辛カレーを頂きました!!

激辛好きの天神橋新聞の想像を超える辛さでしたが、
この辛さがクセになります!!!

実は、この「あい まい」 さん、天神橋1丁目が大阪で辛い料理の『辛いモン』を楽しんでもらう為にプロデュースするグルメストリート『辛いモン ストリート』の加盟店なんです!!
『辛いモン ストリート』ホームページ

さすが『辛いモンストリート』さん!!おみそれいたしました!!!

天神橋新聞:
いやぁ〜ハンギョクン!素敵なお店を教えてくれてありがとうございます!!

ハンギョクン:
良いってことよ!また色んなお店を紹介するゼ!!

ハンギョクンと天神橋新聞もすっかり仲良しにまりました!!

そして最後に、これからも天満・天神橋が盛り上がる為の活動をお互いに切磋琢磨していく事を約束したのでした!!

皆さん!今後も「天神橋バザール」さん、「天神橋新聞」をどうぞよろしくお願いいたします!!

 完。

*******************************

天神橋バザール:http://tenjinbashi.com/

ハンギョクンブログ:http://ameblo.jp/hangyo-kun/

Facebookページ:https://ja-jp.facebook.com/tenjinbashi.bazaar

Twitterページ:https://twitter.com/tenjin_bazaar

ランチパスポート:http://lunchpassport.club/

バー あい まい
営業時間 PM6:00~PM11:00 定休日 日曜・月曜・祝日

辛いモノストリート:http://ten1karaimon.web.fc2.com/

Share (facebook)