天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

天神橋駒鳥シネマ vol.1

 

 

今日も、閑古鳥が鳴いてる。

 

ここは天神橋の片隅にある(かもしれない)架空の映画館、その名も「天神橋駒鳥シネマ」。

ひょんなことからここでアルバイトをすることになって早一ヶ月。

映画好きで何となく初めてはみたものの、お客さんなんて一日に数人来るか来ないか。

毎日毎日、穴の空いたアクリル板越しの切符売場の中で、

ただただボーッと座ってばかりいるんです。

 

 

 

「どや!?お客さんの入りは、どないや?」

 

 

 

唐突に大声で叫びだしたのは、ここの館長の駒鳥サン。いい人には違いないのですが、

どこか抜けたところがあるんだよな……。

 

 

 

「どないもこないもないですよ。見ての通りガラガラですねぇ」

 

 

「アホ。わかってるんやったら何かええアイデアださんかいな。

こう、パーッとお客さんくるやっちゃ!」

 

 

 

 

そんなこと言われても、それがわかれば苦労はしない。

 

 

 

 

「そうですねぇ。そうだ、5月と言えばこどもの日だし、

子ども向けの映画上映してみたらどうですか?」

 

 

「そや。わしもそう思とったんや。で、どんなんがええねん?」

 

「(多分何も考えてなかったくせに)うーんと、やっぱり人気なのはジブリとかじゃないですか?

去年『風立ちぬ』や『かぐや姫の物語』公開されたし、宮崎駿監督や高畑勲監督は

日本を代表する素晴らしい監督ですし、この二人の作品だったら間違いないでしょうね」

 

 

「よっしゃ!それでいこ!わし今から掛け合ってくるわ!!」

 

 

そう言ってどこかに走り去っていってから、ナンダカンダで数週間後の事。

 

 

「どや!?わしの敏腕振りは凄いやろ!高畑の作品引っ張ってきたでー!」

 

「……正直ビックリしましたよ。やるときはやるんですね。で、作品は何ですか?

やはり『火垂るの墓』ですか?もしかして『太陽の王子ホルスの大冒険』とか?

それは凄いですね!僕もすごく観たいです!」

 

 

「柳川や!」

 

 

「……えっ!?も、もしや……」

 

 

「せや!『柳川堀割物語』」や!名作やでー!」

 

 

うん。確かに名作ですよ名作。ドブと化した水路を埋め立てられそうになった時、

役所の一係長が水路復活に向けて孤軍奮闘し、地域の人たちを巻き込んで

柳川の水を甦えらせた……いや、本当に素晴らしい作品ですよ。

でも、これアニメーションじゃなくて実写ドキュメンタリー映画ですよね……。

ジブリアニメを期待して観に来た子どもたちに、柳川水路再生のドキュメンタリーは

受けないかと思いますよ館長……。

 

 

「た、確かに名作ですけど、子ども向けだとやはりアニメの方が……

しかもこれ上映時間167 分の中々の大作ですし……。」

 

 

「何やわからんけど名作やったらかまへんやろ!

これでお客さんガッバガッバ間違いない!ガハハハ!」

 

 

 

 

退屈して寝てしまう子どもたちの姿が目に浮かぶ……。

とりあえずまだまだ閑古鳥が鳴き続けそうです……。

 

 

 

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

【今月の上映作品】

「柳川堀割物語」(1987)

監督:高畑勲 製作:宮崎駿 上映時間:167分

 

別件で柳川にロケハンに訪れた高畑勲がその水路に魅せられて、宮崎駿制作で制作されたドキュメンタリー映画。『風の谷のナウシカ』のヒットで得た資金を使 い果たすどころか、宮崎駿の自宅を抵当に入れる事態となった作品でもある。水と人間との係わり合いを見つめ直す、まるで川の流れのように、寡黙ながらも心 に訴えかける名作。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

 

 

 

 

【登場人物紹介】

駒鳥サン……天神橋の片隅にある(かもしれない)架空の映画館、「天神橋駒鳥シネマ」の館長。

お人好しで涙もろく、でもちょっぴりおっちょこちょいな、

如何にもナニワな感じの所謂おっちゃん。寅さんに憧れて、夏でも腹巻きは欠かせない。

 

 

 

バイトくん……いつも人騒がせな支配人に対し、常に冷静でクールなアルバイト。

おそらく学生。態度には出さないものの、「天神橋駒鳥シネマ」のバイトを結構気に入っている。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【執筆者紹介】

村上 淳一

コーヒー淹れたりイベントやったりモノ書いたり喋ったり。

でも本当は駒鳥文庫という映画関連古書店の店主、だったような。

 

Twitter:@komadoribooks

 

※FM802 〝BEAT EXPO〟の「水曜エキスポ映画部」にも映画部員として出演中。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

 

Share (facebook)