天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

炭ヤキバル KAFU

2015年◉月◉日

 

我々天神橋新聞は、《とある人》たちに会うため
夕暮れの天神橋筋を急いで歩いていた。

指定されたのは、JR天満駅から数分の

路地裏にある一軒のお店。

 

知らなければ通り過ぎてしまうような細い路地に
その店はあった。

th_IMG_6834

 

炭火焼バル?普通じゃない焼き鳥屋?

IMG_6790

 

 

 

一体どういうことなんだ・・・

 

 

中に入ってみよう。

 

 

 

カウンターには、すでに《とある人たち》が到着していた。

th_IMG_6780

 

 

 

天神橋新聞「今日は、よろしくお願いします!」

 

 

 

 

 

th_IMG_6812

 

 

「・・・・・・・・・・・・・・。」

 

 

 

 

天神橋新聞

「では、さっそくなんですが、、、、取材を始めさせていただきます。

向かって左側のかたが、ギター担当の….で、右側のかたがボーカルギターで….」

「今回リリースされた3rdアルバムについお話をお聞かせください。」

 

 

 

 

「いや・・・僕たち….バンドでは、、、」

th_IMG_6818

 

 

 

天神橋新聞「えっ?!違うんですか??(・ω<) テヘペロ」

 

 

 

冒頭から失礼いたしました。

 

 

思わず寸劇のような記事を書いてしまうほど雰囲気のある方々

だったので、ちょっとロッキ⚪︎オ⚪︎的なアプローチでお送りしてみました。

 

 

 

改めまして、今回のお店をご紹介します。

 

天満駅から徒歩数分の路地裏にある

炭ヤキバルKAFUさんです。

 

ちょうど斜めお向かいには、お好み焼きの千草さんがあります。

th_IMG_6787

 

 

 

改めてご紹介しますと

向かって左側が、ギターのKAFUの須藤さん

右側がボーカルギターのKAFUの入山さん です。

th_IMG_6785

 

 

エッジのきいたナイスガイ!なお二人と

 

 

 

そしてとってもキュートな女性スタッフ蒔田さん

th_IMG_6836

 

以上の3人でお店を切り盛りされています。

 

 

冒頭で天神橋新聞が、ちょっとちょけたのには理由がありまして。

 

須藤さんと入山さん、、とってもカッコ良くて雰囲気があるので

 

 

 

「何か昔、音楽とかやってはったんですか〜?」

と伺ったところ、

 

 

的中。

 

 

昔は、Mixture バンドをされていたのだそうです。

 

 

 

須藤さんは、関西出身。入山さんは、関東出身。

そんな生まれ育った場所の違う二人が、なぜ天満で一緒にお店を?

と思った天神橋新聞。

 

ミュージックライターばりにインタビューしたところ・・・

 

二人の出会いは、音楽。

それぞれバンドで活動していて、ライブハウスでよく対バンとして

一緒になっていたのだとか。

(うん。だんだん、またロッキ⚪︎オ⚪︎的になってきた。)

 

 

お互い20代後半になって、音楽以外に何かはじめよう…

一緒にスタートさせたのが、現在のスタイルのKAFU。

二人で携わることになって今年で丸4年を迎えるのだそうです。

 

 

オーナーの入山さんは、わざわざ関東から天満へ移住してきたんですって!

 

 

スタッフの蒔田さんも、関東から天満へ。

もともと、入山さんが前職でお仕事をしたことがあるかただったそうで

一緒に働くなら面白いやつと働きたい!と、、

入山さんがお店をはじめるにあたりスカウト。

な…なんと、、、天満へお引越し!!!してきたんです!!!

ガッツがありますね!

 

 

ようこそ、天神橋界隈へ。

 

 

 

KAFUは、炭火でじっくりこんがり焼いた焼き物を中心に

お酒がどんどん進んでしまうようなバルメニューが豊富。

th_IMG_6859

IMG_6869

 

th_IMG_6853

 

 

つくねの種類もたくさん!

th_IMG_6854

th_image2

 

 

大人気の月見つくね。

th_image3

 

 

新鮮な鳥のお刺身もあります。

th_image1

 

 

とにかく、たくさんあるので、入山さん&須藤さん

オススメの品々をかたっぱしからいただいてまいりました。

 

 

 

まずは、スモークサラダ。

スモークされたズリやササミがオン。

香ばしいカオリが食欲をそそります。

th_IMG_6847

 

 

 

続きまして、たまひも。

これがあるお店ってなかなかないんですよね…

プチッとはじける卵黄部分の食感もGOOD。

th_IMG_6857

 

 

 

我々はカウンター席に座らせていただいたのですが、

目の前では入山さんが手際よく串を焼いてゆく姿が・・・

 

 

th_IMG_6851

 

 

そうそう。

今回、オススメ頂いた串焼きで、

とても珍しいものを食べることができました。

 

 

それは・・・

 

真ん中にある、ソリ(ソリレス)という、

ももの付け根近くにあるお肉です。

お肉の味がしっかり感じられてとっても美味しかったです。

th_IMG_6863

 

左:とまとま 真ん中:ソリ 右:かっぱなんこつ

 

 

 

どの串も、お肉本来の美味しさを感じられるような味付けで

大変おいしゅうございました。

 

 

お店で出す鳥は、生で食べても大丈夫なくらい新鮮な朝挽き鳥。

ハーブ鳥をチョイス。

ハーブを食べて育った鳥は、生で食べても臭みが少なく美味しいのだそうですYO!

 

 

 

 

ただものではないオーラで鳥を焼く入山さん。

th_IMG_6855

 

 

続きまして出てきたのが、メリメロ。

フランス語でごちゃまぜという意味のお料理。

沖縄料理でいうところのチャンプルー的なものと思っていただくと良いかも。

色々なお肉と野菜がごろんごろん。

自家製(シソで作った)ジェノバソースが、これまたいいお味♬

 

th_IMG_6874

 

 

入山さん「そうそう。うちは、食べ物もそうなんですがドリンクもオススメです。」

 

 

確かにたくさんのお酒の瓶がずらり。

th_IMG_6793

 

 

この界隈でも置いているお店が少ないという焼酎や

th_IMG_6807

 

おいしい日本酒もそろっています。

th_IMG_6904

 

 

さらに、、、オリジナルドリンクもオススメ。

th_IMG_6852

 

ヨ、ヨドモーニ???

 

ちょっと気になるのでオーダー。

 

 

でてきたのがこちら。

th_IMG_6866

 

 

色がわかるように白い紙をあててみますね。

 

th_IMG_6864

 

 

天神橋新聞「こ、これは、、、」

 

 

入山さん

「はい。淀川をイメージしたオリジナルドリンクになります。」

 

 

(全力を振り絞って)「淀川て!!!」

 

 

 

でもねぇ….見た目に反して、これがさっぱりとした飲み口で

ぐいぐいいけちゃうんですよ。

これはぜひ、呑んでいただきたい。

 

 

さらに、、、珍しおいしいドリンクがもうひとつ。

 

 

コマツナチューハイです。

小松菜の青汁に柑橘類のスムージをミックスした

とーーーーーーっても飲みやすいチューハイです。

 

世の中に色々な種類のチューハイがでまわっていますけど

これ、絶対に飲んだほうがいいです。

天神橋新聞の超オススメ。

 

 

お肉食べながら小松菜でしっかりお野菜もね!!

th_IMG_6868

 

 

そろそろ〆にいきますか。

KAFUでは、ご飯ものも種類がありまして〆に迷うんですが

入山さんが、これはちょっとこだわっていますという

「焼き親子丼」を。

 

 

パリパリに焼いた鳥が乗っかった卵かけ御飯です!!!

th_IMG_6892 th_IMG_6895

 

 

もうね、、、お腹いっぱいになっているのに

食べたくなってしまうおいしさ!!

卵は、入山さんイチオシの大分県産の卵。

だし醤油と絡まって、ドリィーミィーーーー味わいを醸し出しています。

th_IMG_6896

 

 

 

 

KAFUは、1階カウンターに9席。

th_IMG_6911

 

 

ちょっとしたパーティーや宴会にも使いやすい2階席もあります。

最大15名までオッケー。

th_IMG_6821

 

 

 

お仕事の合間に色々おしゃべりしていたんですが

入山さんは、並々ならぬこだわりのあるかた。

 

もともとアパレルのお仕事をされていたこともあって

洋服、ライフスタイルに関して熱い気持ちを持っているかたでした。

 

 

ちなみに、こちらは入山さんデザインのnewera cap。

かっこいい!

th_IMG_6879

 

 

KAFU自体も、おいしいご飯があるのはもちろんのこと

オシャレ好きな人たちが好きな洋服を着て、心地よく過ごせる空間に

するべく工夫しているのだとか。

 

ゆくゆくは、衣食住すべてをリンクさせたようなことを目指したいとのこと。

 

面白いと思えること、かっこいいと思えることを追求していきたいという

意志を秘めておられましたよ。

th_IMG_6898

 

 

天神橋新聞

「表にナイキ割ってあったんですが、あれは、、、」

 

入山さん

「あれは、僕がスニーカーが大好きということもあって、

スニーカー好きな人たちが集まってきてくれたら面白いなって思って始めたんです。

先日、ほんとうにたまたまなんですが、ナイキの日本法人のかたが表の看板を見て

お店に入ってこられたんです!」

 

そう。KAFUでは、面白い企画を随時やっているのですが

現在ナイキ割なるものがあります。

 

スニーカー好きなオーナーの入山さんが発案したこの企画。

ナイキを履いて来店した方は、ドリンク1杯無料!!などなど

うれしい特典が。

 

詳しくは、KAFUのFACEBOOKをごらんください。

https://www.facebook.com/sumiyakibal.kafu

 

 

それを聞いたうちの編集部員:通称チリチリが、突然表へ。。。

慌てて履き替えているんですが、、、、

 

 

 

「ぼ、ぼくっ!今日ナイキあるんです!!」

th_IMG_6913

 

 

・・・・・・・。

それ、サッカーのスパイクやないか。。。。

th_IMG_6915

 

 

「どうですかねっ?入山さんこれいけますかねっ??」

 

 

 

 

 

入山さん「・・・・・・・。」

th_IMG_6920

 

 

 

鑑定中。。。。

th_IMG_6916

 

 

 

面白いからおっけい!!!

th_IMG_6921

 

 

無事、OKの声をいただきました。

 

なんとお優しい。

 

 

 

ストリートカルチャーあふれる先輩のお店に遊びに行くという感覚で、

おいしいものを食べながら洋服やスニーカー、音楽なんかのお話も気軽に、、、

かつ熱く語れちゃうお店なんで、

男のかたなどはたまらないのではないでしょうか。

 

もちろん!女性の方同士でも、楽しく一杯呑みながら盛り上がれちゃいます。

 

 

ご来店のかたはステッカーもゲットできるかも。

 

 

一番下のはナイキ割のかた。

 

真ん中の白いのは、アパレルとのクロスカルチャーを目指す

入山さんがお知り合いのアパレル店に置いてもらっているという

ステッカー。

 

一番上の長いのは、両方ゲットできたかたがもらえる

スペシャルステッカーです。

 

KAFUへ行って、入山さんオススメのオシャレなお店も

教えてもらって、ぜひそちらへもおでかけしてみてください。

 

th_IMG_6861

 

 

あっ!あとKAFUさんからうれしいお話が。

天神橋新聞のアプリをダウンロードしてくださったかたは

良い情報がゲットできるかも?!

 

乞うご期待です!

 

 

KAFUのみなさん!

ありがとうございました!!

 

 

 

 

 

***************************

炭ヤキバル KAFU

大阪市北区天神橋4−11−18

TEL 06−6881−0530

 

18:00−25:00

 

KAFUのオフィシャルFACEBOOKページ。

お店の様々な情報はこちらでチェック!!LINEやINSTAGRAMもやってらっしゃいます。
https://www.facebook.com/sumiyakibal.kafu

Share (facebook)