天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

アメリカ村 BIG STEPで絶賛開催中!!「鋤田正義写真展 SOUND&VISION+きれい」

大阪はヤングエリアの中心地、アメリカ村のBIG STEPにやってまいりました。

さすが、時代を先どる場所だけあって、建物内にはもう雪がチラついております!!

今回 目的の「鋤田正義 写真展」、会場は BIG STEP地下1階の「B1 GALLERY 」。

 

ここで、鋤田正義さんってどういう人なのか?

1938年、福岡で生まれ育ち、大阪の日本写真映像専門学校卒業。

映画、ロックンロール、海外のカルチャーに強く惹かれ、

日本で男性ファッションの広告写真などで実績を残された後に、T-REXを撮影するため渡英。

そこでデヴィッド・ボウイと運命的な出会いを果たし、現在も深い信頼関係で結ばれています。

David Bowie / Heroes(1977年)

デヴィッド・ボウイの代表作として、あまりにも有名な、

このレコードのジャケット写真も、鋤田さんによるものです。

また、今回の写真展のメイン・ビジュアルとなっているこちらの写真は、

デヴィッド・ボウイが1973年に行なったワールドツアー時のもの。

ボウイが着ている衣装は手掛けたのは、山本寛斎さんです。

この写真に度肝を抜かれた方も多いのではないでしょうか?

 

この他にも、まだまだ そうそうたるミュージシャンを撮影されており、

インターネットがない時代に、激動するカルチャー・シーンを追った鋤田さんの写真に、

世界中の多くの人が衝撃を受け、海外へ出て行ったり、音楽に夢中になったりしていったんですね。

また、日本のミュージシャンからも熱い支持を受けていて、

浅井健一さん、忌野清志郎さん、グループ魂、木村カエラさん、

サディスティック・ミカ・バンド、布袋寅泰さん、矢沢永吉さん、YMO、

他にも、永瀬正敏さん、リリー・フランキーさん、小泉今日子さん、宮沢りえさんといった

俳優さん、アイドル歌手、作家、デザイナーの方まで、幅広く撮影されています。

 

「鋤田さんの写真を見てギターを始めた!」という布袋寅泰さんからお祝いの花が!!

この日は、オープンに先駆けてレセプション・パーティーが行なわれました。

多くの関係者が来場しています。

場内は、白と黒を基調とした空間になっています。

展示されているのは、これまで鋤田さんが撮影してきた初期から現在までの作品、

300点以上(未公開も含む!)が並んでいます。

 

私も端から端まで見て回らせていただきましたが、

壁一面におよぶ大迫力のデヴィッド・ボウイや、

会場が熱気ムンムンのデヴィッド・ボウイ初来日公演の写真、

デヴィッド・ボウイと布袋さんが武道館のステージで共演してる写真、

躍動するマーク・ボランなどなど、国内外のレジェンド・ミュージシャンの写真が多数展示!

音楽ファン必見です!!

他にも「ミステリートレイン」をはじめ映画の撮影ショットのほか、

ニューヨーク、日本などで撮影された風景写真も!

BIG STEPの青山社長による乾杯のスピーチが始まりました。

 

青山社長

「この度は、鋤田さんの写真展を開催することができ、非常に嬉しく思っております。

私は、鋤田さんの写真に出会っていなかったら、つまらない大人になっていたでしょう。

日本人は昔から、世界に誇れる素晴らしい感性を持っていると思ってまして、

鋤田さんのように日本の文化的な才能が、世界に出て闘っていた、評価されていたということを、

ぜひ若い世代の方にも知ってもらいたい。また、この写真展も見て刺激を受けてもらって、

世界に衝撃を与える人が、どんどん出てきて欲しい!

と願いを込めまして、高校生以下の入場料は無料に致しました。」

 

レセプション・パーティーには、桑名晴子さんもご来場!!

かなり久しぶりの再開のようです。

鋤田正義さん

「大阪で開催するにあたって、桑名正博さんと晴子さんのコーナーも作っていただきました。

僕も2人のファンで、当時 東京でも”大阪に凄い歌唱力の兄妹がいる”と有名だったんですよ。」

 

桑名晴子さん

「撮っていただいた時のことは今でもよく覚えています。」

桑名晴子さん

「ビフォーアフター!!(笑)」

 

天神橋新聞

「いやいや、何をおっしゃいますか(笑)これは、”MILLON STARS”の時の写真ですよね?

 

桑名晴子さん

「凄いフォトセッションだったんですよ。鋤田さんが歌ってるところを撮りたい!!っておっしゃって、

10時間ぐらい歌い続けてフィルムを回していただいたんですが、

こんなにヘタらない人は初めてだ!って言われて(笑)」

 

天神橋新聞

「あのレコード、僕も大好きですよ!!そんなエピソードがあったんですね!!」

 

http://www.youtube.com/watch?v=bwfueYnxur0

 

http://www.youtube.com/watch?v=f4Ph55jRfUg

 

桑名晴子さんの甥にあたる、桑名正博さんの次男 桑名錬さん姿も!

似てる!!

オープン翌日には、鋤田正義さん、この写真展のプロデューサー 立川直樹さんの

トークショーが開催されました。

撮影時の裏話や、モノクロ写真への想い、そして鋤田さんが初めて撮った写真「母親」の話題に、、

 

立川直樹さん

「初めての写真で、しかもお母さんをこんな撮り方をするなんて、

やっぱり鋤田さんって普通じゃないですよね(笑)」

 

その作品も、もちろん展示されております!!

 

レセプション・パーティー、トークショーの司会を務めた

FM802、FM COCOLOのDJ マーキーさん。

天神橋新聞

「写真展をご覧になっていかがですか?」

 

お客さん

「元々知ってたモノもありますが、このジャケット 鋤田さんが撮ってたんだ!!とか、

いろいろ発見できました。

会場設計も良いですね。広々としたスペースで、ゆっくり見て回れています。」

 

お客さん

「デヴィッド・ボウイが大好きで来たんですが、どの写真も引き込まれますね〜。

写真なんだけど、音がなっているような感覚で。

桑名正博さんの写真を見たときは、感極まってしまいました。」

 

お客さん

「70年代のポップカルチャーが大好きで、

その時代の写真を撮られている方の写真展があるって聞いてやってきました。

パンクが台頭していた頃の写真とか、あの頃の衝動が蘇りますね〜

当時の空気感に触れられて、すごい楽しませてもらっています!!」

 

 

いや〜我々も発信する側として、漠然とその時の出来事だけを書くだけではなく、

見てもらう人の記憶に少しでも刻みたい、興味をもってもらいたい、

そんな意欲をかきたてられた時間でした!!

写真展は、来年の2月2日までやってますので、ぜひ足をお運び下さい。

 

♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

「鋤田正義写真展 SOUND&VISION + きれい」

主催   FM802  FMCOCOLO

プロデュース   立川直樹

会場デザイン   岸健太

開催日   2013年11月23日(土)~2014年2月2日(日)

会場   大阪アメリカ村 BIGSTEP   地下1階B1 GALLERY)

〒542-0086 大阪市中央区西心斎橋1-6-14

入場料金

一般   600円

学生   500円

高校生以下   無料

※ 学生以下 身分証明書 要提示

 

問い合わせ   06-6258-5000

Facebook   https://www.facebook.com/sukitabigstep

BIGSTEPホームページ   http://www.big-step.co.jp/

 


大きな地図で見る

Share (facebook)