天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

天神橋 SAKE FES 参加蔵元ご紹介!!その④

天神橋新聞が「酒と音楽と人」をテーマに開催するイベント!!

第一回「天神橋 SAKE FES」

日本酒2015 -深秋の宴-

2015年11月28日(土)・29日(日)

場所:中崎町ホール(地下鉄中崎町駅から徒歩1分)

 

Print

 

 

今回も「天神橋 SAKE FES」に出展して頂く蔵元さんをご紹介します!!

本日はこちらの5蔵です☆

 

 

 

 

☆ 佐賀県《光武酒造場》

th_光武ラベルロゴ

創業は元禄元年(1688年)。佐賀県の中でも“光武学校”と呼ばれるほど、
杜氏としての輩出が多い蔵として有名。
そんな歴史の長い蔵元を、21歳の若さで継いだ光武博之社長が酒造りの舵をとる「光武酒造場」。

「伝統・挑戦」を企業理念として、「伝統の中からの革新」をキャッチフレーズに
昔からの酒造りの伝統は守りながらも、時流を的確につかみ、一つ一つの品質向上には
絶え間ない努力を続けていらっしゃいます。

ワイン酵母を使った日本酒を造るなど数々の改革を行い、時代のニーズに合わせた
銘柄を生み出し注目を集めています。

「お酒の美味しさが人々の気持ちを豊かにしてくれて、たくさんの人々が
幸せを感じられるような酒造り」を目指している「光武酒造場」、代表銘柄は「光武」。

純米酒ならではの芳醇で豊かに旨みのある味わいと、フルーティーな芳香が
特徴の手造り純米吟醸酒。SAKE FESに登場です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

th_外観㈪

 

 

①蔵の特徴は!?

 

弊社では元禄元年からの創業当時から受け継がれた伝統の酒造りを土台に、
新しい酒造りに常に挑戦する蔵元です。昔ながらの酒造りを守りながらお客様に
喜ばれる酒を目指し常に新しいものにも取り組んでおります。本年より若手の
吉田龍一氏を新しく杜氏に据え、伝統を重んじながらも、光武酒造場に新たな
風を吹き込む存在として、日夜酒造りに邁進しております。
水は佐賀県の多良山系の良質な伏流水由来の井戸水を使用して仕込んでいます。
徹底した品質管理の下、良質の水を使うことにより、原料の洗米から割り水まで
水にこだわりを持ってお酒造りをしています。

 

②天神橋 SAKE FESへの出品銘柄はどんなお酒!?

五百万石を58%まで精米して造った純米吟醸酒です。純米ならではの味の幅が感じられ、
上品さ・気品さ溢れる穏やかな吟醸香と柔らかな旨味が特徴的なお酒です。上品な酸味が
全体をキリリと引き締め、食中酒としても落ち着いた吟醸香と優しい口当たりが料理を引き立てます。

 

③出品銘柄はどんな食事・に合いますか!?

お刺身、豆腐料理にあいます。

 

 

 

 

 

 

☆ 三重県《後藤酒造場》

 

th_17)颯

大正6年(1917年)創業。
木曽三川の河口に位置し、その水運と美濃・尾張・伊勢という穀倉地帯を背景に、
古来より日本屈指の米の貿易港だった三重・桑名で酒造りを続ける《後藤酒造場》。

「米の持つ豊かな旨みを楽しんでいただくことが第一」と日々酒造りに励んでいらっしゃいます。
「料理の味を引き立ててなお旨みを味わえる。そんなお酒が理想」という《後藤酒造場》
からSAKE FESに登場するのは2008年に誕生したブランド「颯」。

「颯」は、一陣の風が吹く様、爽やかな様、切れの良い様などを表しているお酒。
このお酒を通して当地、北伊勢・桑名を渡る風が届くようにという願いを込めて命名。
口に含んだ瞬間、どんな風を感じられるのか、みなさん是非お試し下さい。

 

 

th_麹づくり5

th_後藤酒造場1_edited-1

 

 

①蔵の特徴は!?

東海道の宿場町、「七里の渡」で有名な伊勢国の玄関口「桑名」は、木曾三川の
河口に位置し、その豊かな水運と尾張・美濃・伊勢という穀倉地帯を背景に、
古来より日本屈指の米の貿易港でもありました。
そんな歴史と伝統の町「桑名」に開業する当蔵は、蔵元杜氏が夫婦で酒を醸す
小さな蔵ですが、手造りにこだわりをもって取り組んでいます。
三重県産の山田錦や神の穂などの酒造好適米を丹念に磨き、米の持つ豊かな旨みを
愉しんでいただくことを第一に酒を醸しています。

 

②天神橋 SAKE FESへの出品銘柄はどんなお酒!?

 

『颯 純米超辛口』は、絶妙な酸味と深みのあるコク、キレのある超辛口。
辛いだけでなく味をしっかり保ち余韻を残しながら鋭く切れる純米酒です。

 

 

③出品銘柄はどんな食事・に合いますか!?

 

旨味のある辛口酒ですので、旨味のある貝や寒ブリなどの魚介類や鍋料理に合います。

 

 

 

 

☆ 山口県《村重酒造》

th_18)日下無双ロゴ

 

明治初期創業の名門・森乃井酒造株式会社を昭和34年に継承。
「品質第一」をモットーに、手造りの良さを生かした酒造りを行ってきた《村重酒造》。

杜氏曰く「お酒は生き物。どんなにいい酒を造ろうと焦っても、できることは、
麹と酵母にいい仕事をしてもらうように、環境を整えてやること」
と
蔵人の方々は、お酒にとって最高の環境を整えるため、お酒とともに生活をされています。
SAKE FESに登場するのは、上品な立ち香に、純米酒ならではの深い味わい、
「近年まれに見る我が蔵の自信作!」と自負されていている「日下無双」。
その自身のほどを、是非会場でご賞味ください。

 

 

①蔵の特徴は!?

1.米
「山田錦」以外に山口県独自の酒造好適米「西都の雫」を主に使用しております。

2.水
錦川の伏流水の超軟水と蔵近くの石灰岩の地層から湧き出る硬水の2種類を使い分けております。

3.人
杜氏・日下信次は、20歳で酒造業界に入り若干28歳で杜氏になり当時業界最年少として脚光を浴びました。
平成18年にはTBS番組「SASUKE」に出場し話題になりました。

 

 

②天神橋 SAKE FESへの出品銘柄はどんなお酒!?

2015年、インターナショナルワインチャレンジ SAKE部門 ゴールドメダルを受賞致しました。
天下に並ぶものがないほど優れた酒をつくりたいという想いで名付けました。
ふくよかで上品な吟醸香に米の旨味と後味の酸味のバランスが絶妙な逸品です。

③出品銘柄はどんな食事・に合いますか!?

どんなお料理でも幅広く合います。

 

 

 

 

 

☆ 兵庫県《西山酒造場》

ŽOŒÛ+’O”g”üŽð¬ŒÛ_c‚È‚ç‚Ñ

嘉永2年(1849年)創業。
丹波、兵庫県産を中心とした素材へのこだわりと、日々試行錯誤を重ね、
可能な限り添加物を排除した製法で、身体にやさしいお酒を開発・製造している《西山酒造場》。

今までお酒が苦手、お酒が飲めないと思われている方にも飲んでもらえるような、
親しみやすく、深い味わいの「一緒に食べる料理の味を損なわず、
引き立てるお酒」造りを目指していらっしゃいます。

《西山酒造場》の酒造りには、竹田川の伏流水である、蔵内の井戸水「椿寿天泉」を使用。

漫画美味しんぼにも「口に含んだ時のふくよかな旨みが、いったん飲みこむと
驚くほど早くスッキリと消える、実にいさぎよい味だ。」と紹介されています。
超軟水で、乳幼児にも安心して飲ませられる、清く澄んだ水。

そして、兵庫県の名産である、有名な山田錦の他に、特産品である兵庫北錦、
但馬強力を積極的に取り入れたこだわりの米を使用。

「“一度飲んでみたい幻の酒”ではなく“また飲んでみたい一生の酒”となること」を
目指し日々酒造りに励んでいらっしゃる《西山酒造場》。

SAKE FESには、代表銘柄である清酒「小鼓」が登場。
あなたにとっての「また飲んでみたい一生の酒」…見つかりますよ!

th_八島杜氏写真

th_蔵人_2

th_蔵外観

 

 

①蔵の特徴は!?

西山酒造場では年間を通して酒造りを行うことで、搾りたてに近いフレッシュな
味わいを常にお届け出来るようにしています。
地元丹波産中心の原料を使用し、軟水の柔らかな井戸水によって醸すため、穏やかで
なめらかな口当たりの非常に柔らかい味わいになることが特徴です。

 

 

②天神橋 SAKE FESへの出品銘柄はどんなお酒!?

 

地元丹波で長年愛飲されて続けてきた「小鼓 花」が2015年5月に新たに価格を
そのまま純米酒として生まれ変わりました。
小鼓の特徴である柔らかさと同時にお米の旨み、味の膨らみを十分に感じて
いただけるお酒となりました。
冷やではすっきりした味わいが際立ち、燗では独特のまろやかな風味となります。
この違いをお愉しみください。

 

 

③出品銘柄はどんな食事・に合いますか!?

 

丹波の地の野菜やジビエはもちろん、椎茸・マイタケなどの旨みのある
きのこを活かした料理や、これからの寒い季節にはコクのある
鍋料理などと合わせてもピッタリです。

 

 

 

 

 

☆ 青森県《八戸酒造》

 

th_八仙ロゴ

 

創業安永4年(1775年)。
江戸時代における高島商人を出自とし、明治期に盛岡から八戸へ移住、
そして大正期に駒井酒造店という名称で現在の地に蔵を構えた現・八戸酒造。

当時、スコットランドから輸入した鉄筋とレンガから造られた6つ蔵は
「文化庁登録有形文化財」「八戸市景観重要建造物」に指定されています。

若い世代に好まれる淡麗辛口の味わいを醸す蔵として、注目度も上昇中。
代表銘柄の「陸奥八仙」は1998年に誕生。

お酒の原料には、緑豊かな里山より湧き出る、蟹沢(かにさわ)地区の水と、
全量青森県産の酒造適合米「華想い」「華吹雪」「まっしぐら」の3種類を使用。
心地良い飲み応えと抜群の存在感が特徴。
SAKE FESで“心地よい飲み応え”、味わってください。

 

th_駒井兄弟(左・弟 杜氏)(右・兄 専務)

th_1-5

th__1-2

 

 

 

①蔵の特徴は!?

【香り高く 優しく 人の心に残る地酒】 1775年(安永4年)創業。
当蔵は青森県八戸市の漁港近くにある海の酒蔵。創業ブランドは『陸奥男山』で
地元漁師さん中心に愛飲されている辛口酒。メインブランド『陸奥八仙』は、
華やかな香りとお米の旨みを感じる芳醇旨口酒。青森にこだわり、原料米は全て
青森県産米を使用し、契約栽培はもちろん、10年程前から自社田にて
自然農法米にて酒米「華吹雪」の作付も行っている。仕込み水は八戸・蟹沢地区の名水を使用、
酵母も青森県工業技術センターで開発された県酵母を積極的に使用し、オール青森を目指しています。
杜氏は32歳。蔵人の平均年齢は30代前半と、若い力で酒造りに精進しております。

 

 

②天神橋 SAKE FESへの出品銘柄はどんなお酒!?

 

◉陸奥八仙 黒ラベル 純米吟醸  *八仙らしい、華やかな香りとお米の旨みを感じる、
正しく芳醇旨口酒!!日本酒初心者の方や女性にも人気です。

◉陸奥八仙 芳醇超辛純米  *香りと米の旨みを残した、旨みを感じる辛口酒。
通常の辛口酒は、スッキリ辛口が多い中、八仙らしさを感じる辛口酒に仕上げました。

 

 

③出品銘柄はどんな食事・に合いますか!?

やはり、地酒には地の食材・料理が一番!!その中でも、イカや鯖等を中心とした
魚介系のお刺身や焼き物、また味の濃い中華料理や、焼鳥、ステーキ等肉料理との相性も抜群!!

 

 

 

 

th_sake_fes_B2-590x832

 

 

いかがでしたでしょうか!?

「光武酒造場」さん、「後藤酒造場」さん、「村重酒造」さん、「西山酒造場」さん、
「八戸酒造」さんのお酒を是非「天神橋 SAKE FES」でご賞味ください☆

 

 

「天神橋 SAKE FES」は

11月28日(土)、29日(日)開催!!

チケットは絶賛発売中です!!

 

イベントに関する詳しい情報はホームページからもご確認頂けます!

 

11月28日(土)、29日(日)は
「天神橋 SAKE FES」で是非お会いしましょう!!

 

◉天神橋 SAKE FES HP:http://www.tenjinbashi-sakefes.jp/

◉Twitter:https://twitter.com/tenjinbashi_skf

◉Facebook:https://www.facebook.com/%E5%A4%A9%E7%A5%9E%E6%A9%8B-SAKE-FES-1503777553272813/timeline/?ref=hl

◉チケット情報:http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1547179&rlsCd=001&lotRlsCd=

Share (facebook)