天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

天神橋 SAKE FES 参加蔵元ご紹介!!その②

天神橋新聞が「酒と音楽と人」をテーマに開催するイベント!!

第一回「天神橋 SAKE FES」

日本酒2015 -深秋の宴-

2015年11月28日(土)・29日(日)

場所:中崎町ホール(地下鉄中崎町駅から徒歩1分)

 

Print

 

 

今回も「天神橋 SAKE FES」に出展して頂く蔵元さんをご紹介します!!

本日はこちらの5蔵です☆

 

 

☆ 栃木県《宇都宮酒造》☆

th_四季桜

創業は明治4年。

「よい酒を造るにはまず米作りから」と、昭和47年から90アールの自作田で

酒米「五百万石」作りを始め、これが蔵元による酒米作りの発端になったんだとか。

代表銘柄である「四季桜」は鬼怒川の伏流水を仕込み水に、

酒造好適米の山田錦・五百万石・美山錦と酒米の”あさひの夢”が原料。

全国新酒鑑評会、6年連続金賞を受賞しています。

平成3年より日本航空国際線ファーストクラスにも搭載されているそうです。

もちろん今回のSAKE FESにもこの「四季桜」が登場!

オールマイティーなお酒「四季桜」、是非ご賞味を!

th_杜氏

th_宇都宮酒造

 

①蔵の特徴は!?

清流鬼怒川の伏流水を仕込水に使用した四季桜は、芳香豊かで口当たりのやさしい、キレのよさとほのかな甘みが特徴です。地元柳田町にて農家の方々と酒米研究会を立ち上げ、酒造好適米の五百万石・美山錦を栽培し丁寧に全量自家精米しております。また、杜氏今井昌平が醸す四季桜はお料理を引き立てますので是非、美味しいお料理と共にお召し上がりください。

②天神橋 SAKE FESへの出品銘柄はどんなお酒!?

四季桜 生詰特別純米酒 はなのえんやや辛口・濃醇で、一度のみの火入れにより華やかな香りとフルーティーな味わいを強く感じて頂けるお酒です。お燗にしても美味しくお召し上がり頂けます。

③出品銘柄はどんな食事・に合いますか!?

おでん、焼き鳥、串揚げ、煮魚、餃子など

 

☆ 千葉県《東薫酒造》☆

07)卯兵衛(東薫)ロゴ

東薫酒造は、江戸時代の華やいだ文政8年(1825年)に創業、

かつて「関東灘」と呼ばれ、酒造りの名所であった佐原の地に蔵を構える、

190年の歴史を持つ老舗の酒造です。

日本地図を作りあげた偉人”伊能忠敬”。その伊能家は、佐原で酒造業を営む名主で、この東薫酒造の創業者は、伊能家に弟子入りし、酒造業を習得発展させたと伝えられています。

そんな現在、蔵を支えるのは、国の名工として「卓越技能者労働大臣表彰」や、「全国新酒鑑評会」金賞15回受賞などの輝かしい受賞歴を誇る杜氏・及川恒男さん。

越後、丹波、但馬と並ぶ4大杜氏のひとつで、日本最大の杜氏集団として日本のみならず世界にその名を馳せている「南部杜氏」400人を代表する酒造りの名人が作り出す「桜のような馥郁たる香りの酒」は日常に贅沢なひとときをもたらしてくれると評判です。

東薫酒造から、今回SAKE FESに登場するのは 純米吟醸「卯兵衛」。

是非ご賞味あれ。

th_東薫酒造株式会社写真

①蔵の特徴は!?

江戸文化が華やいだ文政8年、下総佐原にて創業。190年の歴史と伝統を誇りに、酒造り一筋に歩んできました。南部杜氏で「現代の名工」と言われた、酒造りの名人、及川杜氏が香り華やいだ吟醸酒や米の旨味を感じる純米酒を醸しています。

②天神橋 SAKE FESへの出品銘柄はどんなお酒!?

純米吟醸「卯兵衛」は千葉県の酒造好適米「総の舞」の特別契約栽培米を使用。口に含んだ時の味の広がりが大きくまさに、米だけの酒と感じるしっかりとしたボディーと、スッキリとしたキレのある味わいです。ぬる燗でも、美味しくいただけます。

③出品銘柄はどんな食事・に合いますか!?

脂ののった魚の焼きものや味噌や醤油を効かせた煮物、鍋物など。

 

☆ 岩手県《赤武酒造》☆

AKABUラベル1800ml確定

明治29年創業の赤武酒造、もともとは岩手県上閉伊郡大槌町に拠点を置く蔵元でしたが、2011年3月の東日本大震災で蔵が全壊。

津波で蔵が流された後は、盛岡市の県工業技術センターに残っていた酵母を使い、盛岡に作った復活蔵で、酒造りを継続されています。

22歳の若き6代目杜氏・古舘龍之介さんを中心に、若手の蔵人たちが躍動する酒造。

「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」「SLOW FOOD JAPAN 燗酒コンテスト」でも、岩手県で唯一金賞受賞。その味はお墨付き。

今回SAKE FESには、若い彼らが魂を込めて醸す「赤武」が登場!

お米の風味、旨味の魅力を引き出された「赤武」、是非ご賞味ください。

th_P1030671

①蔵の特徴は!?

岩手県で五代目、六代目の蔵元が二世代杜氏として日本酒を醸す蔵。伝統の酒造りと最先端の酒造りが融合し、新世代を担う酒造りが誕生しました。日本一の酒を目指し毎年妥協せず進化していきます。

②天神橋 SAKE FESへの出品銘柄はどんなお酒!?

六代目の22歳の杜氏を中心に志ある社員が魂を込めて醸した日本酒『赤武 AKABU』です。ほどよい含み香、米の旨みをしっかり活かし綺麗に醸した純米酒。

③出品銘柄はどんな食事・に合いますか!?

岩手県、三陸の新鮮な海の幸、秋刀魚の塩焼き、イカのふ入り、ホタテのバター醤油、しめさばなど

 

☆ 愛媛県《首藤酒造》☆

th_寿喜心 ロゴ

創業は1901年(明治34年)。

愛媛の米を使い、水は石鎚からの井戸水を使う、純然たる”made in愛媛“の酒。

「肴なしで飲める酒」をモットーに酒造りを行っています。

杜氏を雇わず、若い蔵元を筆頭に家族だけで造っているという《首藤酒造》、

初代が、「めでたき場で大いに酒を酌み交わしてもらいたい」との願いを込めて命名した代表銘柄「寿喜心」は、2001年~五年連続全国新酒鑑評会で金賞を受賞。キレのよし!のど越しよし!のスッキリとした味わいが特徴とか。

SAKE FES会場で是非ご賞味を。

乾B

th_紺屋町バル

①蔵の特徴は!?

霊峰石鎚山の伏流水で醸されたお酒は、その名水に表われるようにとてもクリアで口当り柔らかなお酒に反映されています。私たち寿喜心は、家族だけで酒造りを行ない、会長(父親) 社長(長男)次男 三男の四人で現在大体300石~250石のお酒を造り妥協を許さず緻密に丁寧にお米の特徴をとらえながら、酒造りを楽しんでおります。また寿喜心は、品の良い甘味を追及しながら甘味とキレにこだわり麹造りやもろみ管理を行なっております。

②天神橋 SAKE FESへの出品銘柄はどんなお酒!?

口に含んだ瞬間に感じるトロっとした濃醇感と口中に広がる柔らかさ、それらは堪能的に甘味に繋がりそれを酸味で洗い流す。そんな味わいのお酒に寿喜心の雄町純米は、仕上げております。米由来の甘味と酸味がバランス良く調和され、大人し目の香りは含むとメロンの様な甘いちょっと熟した様な香りが口中に広がります。綺麗さも残しつつ味乗りも抜群です。

③出品銘柄はどんな食事・に合いますか!?

味の濃い料理との相性が良いです。唐揚げにマヨネーズを付けたものなど、お酒の個性も残しつつ邪魔もしない!!瀬戸内の小魚のみりん干しには良く合います。

 

☆ 徳島県《本家松浦酒造場》☆

ŒÂŒå‚â…“…S.pdf

文化元年(1804年)創業。

「鳴門から世界へ、酒と日本の酒文化を発信する」ことをモットーに掲げる

《本家松浦酒造場》。

今年、ロンドンで開催された世界最大級ワインコンテスト【IWC2015】の

日本酒部門で「ナルトタイ 純米 水ト米」が金賞を受賞。

さらに、金賞6品の中から、最も優れた純米酒として最高金賞を受賞!

世界でNO.1の純米酒に選ばれています。

海外の審査員も「エレガントでピュア、まろやかでソフト。バランスが良い。
かすかな梨とハニーサックル(花)の香り。美味しい余韻。とても呑みやすい優しいフルーツトーン。」と大絶賛!まさに「鳴門から世界へ」を実現されています!

今回SAKE FESに登場するのは代表銘柄「鳴門鯛」。

阿波の国で作られた酒造好適米『徳島県産山田錦』を100%使用し、ふくらみのある豊かな香り、まるみのある味わい、切れの良い酸味が特徴。

端麗にして芳醇な旨味。はっきりとした酸味の輪郭が、その旨味を縁取るように引き立てている、という「鳴門鯛」のお味、是非みなさん自身で確かめてください。

th_屋根

th_精米所

th_長屋門

th_杜氏

 

①蔵の特徴は!?

創業二百余年。銘酒「鳴門鯛」「すだち酒」などを醸す、現存蔵では徳島県最古の酒蔵。全国新酒鑑評会で金賞、全米日本酒鑑評会で3年連続金賞・銀賞を受賞。インターナショナルワインチャレンジ(IWC)2015、純米酒部門では最高金賞(トロフィー)を受賞。

②天神橋 SAKE FESへの出品銘柄はどんなお酒!?

新鮮で華やかな甘い香り。ピチピチとガスがはじけるような若々しさ。酸味がしっかりとして飲みごたえがあります。吟醸のしぼりたてをいつでも新鮮に味わえるようにというコンセプトからアルミ缶に封じるという新しいアイデアに辿り着きました。紫外線からの劣化を防ぐので、通常の生酒商品にくらべ保存状態は抜群です。

③出品銘柄はどんな食事・に合いますか!?

しっかりとしたボディ感のあるお酒なので、お肉料理やタレ料理などには非常にマッチします。味の軽いお食事ならロックで合わせていただくのもお勧めです。

 

 

th_sake_fes_B2

 

いかがでしたでしょうか!?

「宇都宮酒造」さん、「東薫酒造」さん、「赤武酒造」さん、「首藤酒造」さん、「本家松浦酒造場」さんのお酒を是非「天神橋 SAKE FES」でご賞味ください☆

 

 

「天神橋 SAKE FES」は

11月28日(土)、29日(日)開催!!

チケットは絶賛発売中です!!

 

イベントに関する詳しい情報はホームページからもご確認頂けます!

 

11月28日(土)、29日(日)は
「天神橋 SAKE FES」で是非お会いしましょう!!

 

◉天神橋 SAKE FES HP:http://www.tenjinbashi-sakefes.jp/

◉Twitter:https://twitter.com/tenjinbashi_skf

◉Facebook:https://www.facebook.com/%E5%A4%A9%E7%A5%9E%E6%A9%8B-SAKE-FES-1503777553272813/timeline/?ref=hl

◉チケット情報:http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1547179&rlsCd=001&lotRlsCd=

Share (facebook)