天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

天神橋 SAKE FES 参加蔵元ご紹介!!その①

天神橋新聞が「酒と音楽と人」をテーマに開催するイベント!!

第一回「天神橋 SAKE FES」

日本酒2015 -深秋の宴-

2015年11月28日(土)・29日(日)

場所:中崎町ホール(地下鉄中崎町駅から徒歩1分)

 

Print

 

 

先日、「天神橋 SAKE FES」の参加 蔵元を一挙にご紹介しましが、

その参加 蔵元がいったどんな酒蔵なのか、本日よりイベント当日までの間、

詳しくご紹介していきます!

今回はこちらの5蔵です!!

 

 

☆ 富山県《富美菊酒造》☆

th_羽根屋(富美菊)

創業は大正5年。

全国新酒鑑評会金賞を初め、数々の受賞歴を誇る蔵元。

こちらのこだわりは「手間ひま」。

通常は、鑑評会の出品酒、最高級の吟醸酒にのみ用いられる吸水作業

「限定吸水」と、少量単位で手間のかかる箱麹、蓋麹のみでの「麹処理」を、

杜氏が24時間体制で行っているそうです。

この大吟醸と同じ「手間ひま」を、普通酒以外のすべてのお酒に用いているからこそ、

品質が自慢の《富美菊酒造》。

その《富美菊酒造》が今回提供する銘柄は、古くからの屋号を名付けた「羽根屋」。

“羽根”のように、軽やかに柔らかく優しいお酒。

「翼の飛翔するが如く、呑む人の心が浮き立つような日本酒として存在したい」という「羽根屋」、「ぴあ日本酒フェスティバル2015酒秋祭」グランプリも獲得しています。

流通量が少ない貴重なお酒、天神橋 SAKE FESでご賞味を。

th_935279_104617716410764_931447685_n

①蔵の特徴は!?

今年で創業100周年を迎える当蔵は、県産米にこだわり、昔ながらの手造りを守りつつ、新しい技術にもチャレンジしています。2012年度より、一年を通じて醸造を行う四季醸造蔵としてリニューアルし、年間を通してしぼりたてのフレッシュな生酒をお届け出来るようになりました。

②天神橋 SAKE FESへの出品銘柄はどんなお酒!?

ふんわりとした口あたりと透明感ある味わいが、優雅な吟醸香とともに広がります。スタイリッシュなラベルのもご注目下さい。

③出品銘柄はどんな食事・に合いますか!?

白身魚の刺身、甘えびや、いかの刺身、鍋ものです。

 

☆ 秋田県《浅舞酒造》☆

“V‚̌˃ƒR?‰¡”Å

創業は大正6年。

「酒は田んぼから生れる」がモットーのこちらのこだわりは「お米」。

蔵から半径5キロ以内の田んぼで、「JA秋田ふるさと・平鹿町酒米研究会」の農家が丹精込めて作った特別栽培米を使用し、純米酒だけを仕込んでいます。

このこだわりのお米の育つ田んぼをうるおしているのが、奥羽山脈に端を発する皆瀬・成瀬の川の水。この川の一部が伏流水となって蔵の近くに湧水群をつくっています。

こだわりのお米を育てた水が、冬に仕込み水としてお酒を育てる…この循環によって生まれたのが、全国新酒鑑評会連続10回入賞、通算の11回も金賞を受賞している「天の戸」。

「天の戸は静かに明けて神路山 杉の青葉に日影さすみゆ」という古歌から、名付けられた

「天の戸」、ラベルには勾玉があしらわれています。

是非、ご賞味を。

th_天の戸玄関

th_湧水

th_平鹿町酒米研究会

①蔵の特徴は!?

蔵から半径5キロ以内の酒米だけで全量純米酒を造っています。

②天神橋 SAKE FESへの出品銘柄はどんなお酒!?

「酒は田んぼから生れる」を信条に真心込めて醸した芳醇旨口純米酒。地元の農家の方々が丹精込めて作った酒米を55%まで磨き、無濾過のままビン詰した米の旨味が感じられる心地よいお酒です。食中酒として冷やでも燗でもおすすめの天の戸スタンダード酒です。

③出品銘柄はどんな食事・に合いますか!?

地鶏の鍋物、まぐろ・はまちなど適度に脂ののったお造り、いぶりがっこのクリームチーズ添え他いろんな料理に幅広く相性のよい純米酒。

 

☆ 福島県《笹の川酒造》☆

th_天龍 ロゴ22

創業は、明和2年(1765年)。

250年の歴史を誇る老舗《笹の川酒造》のスローガンは、

創業以来変わらず「人を幸せにする酒造り」。

時代が求める新しい味わいを目指して、品質の高さにこだわって酒造りされています。

福島県、郡山市に蔵を構えている《笹の川酒造》も、2011年の東日本大震災で、

少なからず被害を受けましたが、現在は元気に操業中。

「全国新酒鑑評会金賞」をはじめ、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード金賞」

「スローフードジャパン燗酒コンテスト2015 プレミアム燗酒部門金賞」など数々の賞を受賞。

清酒の味を決める《麹》に重点をおき、吟醸酒や純米酒といった特定名称酒に使用する

《麹》を造るため、平成6年から手造り麹専用の麹室を作り、日々、酒質の向上に努力を重ねているとか。

天神橋 SAKE FESで、そのこだわりのお酒、ご賞味ください。

①蔵の特徴は!?

「風の蔵元」 笹の川をあらわすとき、この言葉が浮かびます。私たちは風と共に生まれ、風と共に生きる蔵元でありたいと思いながら酒造りに励んでいます。地元契約農家と共に日々伝統を守りつつも、その場に立ち止まることもなく前進していく酒蔵であり続けたいと思います

②天神橋 SAKE FESへの出品銘柄はどんなお酒!?

地元産美山錦を全量使用した香り高い純米大吟醸酒です。一定期間低温貯蔵し、最高の状態にて出荷できる状態に仕上げました。味わいも豊かに残しますが、純米大吟醸酒ならではのキレ味で、飲み飽きない仕上がりをお愉しみ下さい。

③出品銘柄はどんな食事・に合いますか!?

日本食(天麩羅、お刺身など)とともにキレのある吟醸香をお愉しみいただきたいです。今の季節でしたら牡蠣 (かき) 、、カンパチ、 秋刀魚(さんま)、シマアジなどとの相性はピッタリです。

 

☆ 島根県《富士酒造》☆

04)出雲富士ロゴ

「人と人、人と食を良き縁で結ぶ地酒を造りたい」という初代当主が立ち上げたコンセプトを今も受け継ぐ「富士酒造」。

縁結びで有名な出雲大社の御膝元、八百万の神々に守られている出雲平野の中心に蔵をかまえ、

良い縁が「人」「米」「水」を結び、地の酒がうまれる…

様々な縁に感謝しつつ、現在も「和釜蒸し」「木槽搾り」という伝統的な製造方法を守り、

酒造りに励んでいらっしゃいます。

「富士酒造」からSAKE FESに登場するのは、「出雲富士」という銘柄。

「古来から富士といえば日本の象徴として、愛される存在。

出雲という地で、出雲に根付いた出雲のみなさんに愛される清酒を造りたい…」

そんな素直で熱い想いが込められています。

初めて飲む人でも、日本酒通の人でも楽しめる素直でフラットな日本酒を造りに定評のある

《富士酒造》、日本酒ビギナーの方も日本酒マニアの方も、是非ご賞味を。

th_DSC_9927s

th_DSC_0299s

th_DSC_0666s

①蔵の特徴は!?

縁結びで有名な出雲大社の御膝元、八百万の神々に守られている出雲平野の中心に蔵をかまえています。
出雲平野は中国山脈から流れる八岐大蛇のモデルとなった斐伊川により形成された大地で、日本海と中国山脈に挟まれた四季折々の食材があふれる食の宝庫でもあります。
出雲富士の名は、富士といえば日本の象徴で、皆から愛される存在だったため、出雲という地で出雲に根付いた出雲の皆様に富士山のように愛される清酒を造りたいという熱い想いを込めて、初代当主の今岡正一によって約80年前に命名されました。出雲富士は人と人、食と人などの良き縁を結べるような素直においしい出雲の地酒を造り続けます。

仕込水は、神話『ヤマタノオロチ』の舞台となった斐伊川の伏流水。軟水で優しく綺麗な水です。
仕込みは全ての出雲富士が特別なので、全量『和釜蒸』『手づくり麹』『木槽搾り』で仕込みます。

醸造コンセプト
出雲杜氏の伝統の技術を尊重し、人と人、食と人などの良き縁を結ぶ出雲の地酒として、米の持つ特徴を生かした素直で清い酒造りを目指す。

②天神橋 SAKE FESへの出品銘柄はどんなお酒!?

直球ど真ん中の出雲富士の純米吟醸吟味して醸す、吟醸の意味、存在を改めて考え直し本来の出雲杜氏の吟醸仕込を独自に継承し進化させた和食に合う出雲富士流純米吟醸酒です。

③出品銘柄はどんな食事・に合いますか!?

海の幸。

 

☆ 岩手県《喜久盛酒造》☆

鬼剣舞

1894年に創業。

岩手県、北上の恵まれた気候風土を生かした芳醇な地酒を送り続けていらっしゃいます。

五代目蔵元、藤村さんは、レスリング初段で、格闘技団体「和術慧舟會」岩手支部の代表でもあるという、蔵元としては異色の経歴を持っていてユニーク。

今回SAKE FESに登場するのは、代表銘柄のひとつである「鬼剣舞」。

郷土芸能の勇壮で華麗な鬼剣舞にちなんで名付けられた純米吟醸で、

原料米は岩手県北上市立花地区で契約栽培した『亀の尾』を100%使用しています。

「鬼剣舞」、蔵元同様ストロング!なのか…繊細なのか…みなさん自身で確かめてください。

th_上槽

th_杜氏と蔵元

①蔵の特徴は!?

喜久盛酒造は岩手県で22ある酒蔵の中で唯一の全量純米蔵です。米も全て岩手県産米を使い、南部杜氏が手造りをして昔ながらの木槽でお酒を搾っています。

②天神橋 SAKE FESへの出品銘柄はどんなお酒!?

『鬼剣舞』は岩手県産の原料米のほか、麹菌、酵母も岩手県で独自に開発された物を使っているオール岩手清酒です。

③出品銘柄はどんな食事・に合いますか!?

チーズや肉料理などが合うとご好評いただいております。

 

 

th_sake_fes_B2

 

というわけでイベント当日まで、こんな感じで参加 蔵元を全てご紹介していきます☆

次回も乞うご期待下さい!!

 

そして、、、

 

「天神橋 SAKE FES」は

11月28日(土)、29日(日)開催!!

チケットは絶賛発売中です!!

 

イベントに関する詳しい情報はホームページからもご確認頂けます!

 

11月28日(土)、29日(日)は
「天神橋 SAKE FES」で是非お会いしましょう!!

 

◉天神橋 SAKE FES HP:http://www.tenjinbashi-sakefes.jp/

◉Twitter:https://twitter.com/tenjinbashi_skf

◉Facebook:https://www.facebook.com/%E5%A4%A9%E7%A5%9E%E6%A9%8B-SAKE-FES-1503777553272813/timeline/?ref=hl

◉チケット情報:http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1547179&rlsCd=001&lotRlsCd=

Share (facebook)