天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

日本酒LOVERに送る「日本酒マニアック博」梅田ロフトで開催中

 

昨年、天神橋新聞が初⭐︎開催いたしました

日本酒試飲イベント「天神橋SAKE FES」。

Print

 

全国津々浦々でおいしい日本酒を作っておられる蔵元の方々や

天神橋界隈の皆様にご協力をいただき、無事終了することができました。

 

様々な方と新たに繋がることができ、天満・天神橋界隈で

頑張ろう!と心新たに新年を迎えたわけですが….

 

 

そんな繋がりの中から面白い《日本酒の博覧会》が開催されるとの

情報をいただきましたので、本日はご紹介いたします。

 

 

それは・・・

 

梅田ロフトで、ただいま開催中の

 

日本酒をマニアックな“視点”で捉えた

『I LOVE SAKE 日本酒マニアック博』です。

 

 

天満・天神橋界隈の粋な情報をお届けする天神橋新聞が

梅田で開催されるイベントをご紹介するのには訳があるんです。

 

 

実は・・・

天神橋新聞が開催したSAKE FESに、

梅田ロフトのかたが遊びにきて下さっていたんです!

 

そして・・・

今回、イベントを開催するにあたり、天神橋新聞にお声がけを

してくださった…というわけ。

 

 

日本酒がつなぐご縁は大切に…!ということで、

さっそく天満・天神橋エリアから飛び出して梅田へ向かった

天神橋新聞。

 

 

梅田ロフト5階にあるロフトフォーラムにて

日本酒の楽しさを堪能させていただきました。

 

 

『I LOVE SAKE 日本酒マニアック博』

web_2__HP__1

イラスト/ツバキアンナ

 

日本酒マニアック博とは・・・

近頃、大いに盛り上がりを見せている日本酒ブームを“マニアック”な視点で

見つめ、日本酒にまつわる文化的な側面や物事を編集した企画展。

 

日本酒というものの魅力を、デザインやアート、ポップカルチャー的な

切り口で紹介しています。

 

 

 

『新しいモノ・コトの文化発信』をしていらっしゃる

ロフトフォーラムさんならでは…のセレクション!

日本酒って、こういう見方があるんだ!という展示内容となっております。

th_IMG_2534

 

 

チケット売り場の頭上には杉玉!

th_IMG_3778

th_IMG_2491

 

 

身近にあるようで、以外と知らない日本酒についての基本や

ちょっとしたうんちくも知ることができるのがいいところ!

th_IMG_2494

 

 

展示内容は、2011年の東日本大震災で被災し、酒蔵が半壊になった

喜久盛酒造の再建を応援するクリエイターさんたちによるデザインカップ酒の

展示販売をはじめ、酩酊美人画や日本酒擬人画といった

日本酒を題材にした創作作品の展示、エッセイストで酒ジャーナリストでもある

葉石かおりさん監修のマニアックな視点でキュレーションされた、全国の地酒銘柄・

ご当地カップ酒の展示がたくさんあります。

 

 

こちらがクリエイターによる日本酒擬人画。

それぞれが好きな日本酒や興味のあるお酒をチョイスして、

インスピレーションを受け、そちらを元に絵に仕立てたという作品たちです。

 

 

自分が知っている銘柄がこういうイメージになるのか!と、

味を思い出しながら見入ってしまうほど、魅力的な絵があります。

th_IMG_2499

th_IMG_2539

 

 

日本酒..といえば美人画でしょう。

ほろ酔い美人が描かれた素敵な作品が並んでおります。

th_IMG_2540

 

 

葉石かおりさんのキュレーションによる地酒銘柄の展示も圧巻。

th_IMG_2514 th_IMG_2511 th_IMG_2500

 

 

各お酒には、このように小さなPOPが添えられておりまして

人にちょっと教えたくなる、お酒のうんちくや蔵元のこだわりポイントを

知ることができるようになっています。

 

th_IMG_2509 th_IMG_2510

[蔵元がDJ、CDも出している。高嶋酒造さん]

麹に音楽を聴かせて熟成させているのかな?

ノリノリで仕込みをしているのかな?うーん、想像が膨らむ…

この一文を読んだだけでも、呑んでみたくなりますよね。

 

 

th_IMG_3747 th_IMG_3746

 

[数十本に一本ツバメが幸せのクローバーを

くわえている瓶がある。一ノ蔵さん]

 

女子必見!

幸せのクローバーがでるまで呑み続けちゃいそう!

 

 

 

そのほか、全員メガネをかけた蔵人さんで作ったという日本酒。

ラベルもおもしろい!

th_IMG_3744

 

お酒に対して熱い思いが描かれていたり・・・

th_IMG_3735th_IMG_3739 2

th_IMG_3733 2 th_IMG_3732 2 th_IMG_3745 2th_IMG_3734 2

 

 

 

日本酒って、レコードのようにジャケを見る楽しさもあるんですね!

th_IMG_2503

 

 

こちらが喜久盛酒造さんの人気銘柄のひとつ、

タクシードライバー。関西でも手に入るところがなかなか少ないので

見かけたかたは、ぜひゲットしていただきたいおいしいお酒です。

 

 

日本酒のラベルが、芸術的なアート作品になるのだ…という

ことを教えてくれるお酒です。

 

 

本物はぜひ、会場で。

th_IMG_3740 2th_IMG_3741

 

 

会場内には、喜久盛酒造さんの再建の軌跡についても展示されています。

th_IMG_3755 th_IMG_3756

 

 

集めておられるかたも多いことでしょう。ご当地カップ酒の展示もこのとおり。

マニア心に火がつきます。

th_IMG_3749

 

 

 

 

そして、日本酒には酒器も必須!ですよね?

ということで、梅田LOFT×大阪芸術大学のお猪口展。

大阪芸術大学の、陶芸コース・ガラス工芸コース、金属工芸コースの

学生さんたちが製作したオリジナルお猪口作品も展示。

th_IMG_3751

 

 

柔軟な発想から生まれたお猪口たち。

 

 

ごはん茶碗になっています!上には梅干しとたくわん!

th_IMG_2520 th_IMG_2521 th_IMG_2522

 

 

展示を見ているうちに日本酒が呑みたい!!となったみなさま。

ご安心ください。

 

様々なジャンルのクリエイター28組がデザインしたカップ酒が一堂に

展示されておりまして、会期中、各60本がチャリティ販売され、

中にはすでに完売した作品もあるようです。

※1本888円(税込) 先着販売。無くなり次第終了。

 

th_IMG_3758 th_IMG_3757

 

 

日本酒を呑まず、日本酒への妄想を膨らましていると、

あぁ…このあとおいしい地酒を一杯…と思っちゃいますよね?

 

出口付近にて、マニアック利き酒を体験することができます。

 

1月10日(日)13:00〜 『山中酒の店』が利き酒BARとして出店。

展覧会入場チケット+利酒チケット300円(税込)を購入すれば参加できます。

※無くなり次第終了。

 

th_IMG_2524

 

 

そしてそして、日本酒マニアック博オリジナル物販もあります!

お土産にいかがでしょう?

th_IMG_2533

 

 

 

そして、会場の外には特設コーナー。

お酒のアテや、酒器、ちょっと珍しい日本酒なども購入できます!

th_IMG_2547 th_IMG_2548

th_IMG_3782 th_IMG_3784 th_IMG_3785

 

 

お酒という観点からではなく、ちょっと違う視点から楽しむ日本酒。

日本酒が好きな方はより一層愛着が…

これから呑んでみたいな…という人にとっては、想像力が掻き立てられる展示です!

 

ぜひ、梅田ロフト5階のロフトフォーラムへ!

 

 

1月9日(土)14:00から、日本酒フリークの著名人ゲストによる

呑みながらのトークイベントも開催されますよ!

 

********************************
日本酒マニアック博@梅田ロフト 5階 ロフトフォーラム

 

現在開催中。2016年1月13(水)まで。

10:30〜21:00(最終日の13日は18:00閉場。)

入場は閉場の30分前まで。

 

◉入場料

一般300円。学生・ロフトアプリユーザー200円。小学生以下無料。

 

 

 

Share (facebook)