天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

書を持って旅に出よう

 

新緑もだんだん眩しくなってきました。

th_IMG_6252

ゴールドなウィーク真っ只中ですが

いかがお過ごしですか?

 

天神橋新聞は、休日も祝日も返上で動き回っております!

 

本日は曇りですが、GW中は晴れ間も多いので

あちらこちらへおでかけされていることでしょう。

 

 

車や電車などに乗っての移動するかたがほとんどだと

思われますが、旅のお供には何を持って行きますか?

 

天神橋新聞は『本』です!

やれ、Kin◉leやらホニャララなど電子文庫が流行って久しい

ですが、たとえ荷物が重くなろうとも、紙の本派です!!

 

 

紙の手触り、ページをめくるひと手間などたまらないものです。

 

ということで・・・

 

 

この時期オススメの本を教えて頂くべく・・・

 

 

いつもお世話になっている地下鉄・南森町駅からすぐの

西日本書店さんに伺ってまいりました。

 

 

西日本書店さんは、1970年に創業の町の本屋さん。

天神橋筋界隈のみなさんが足繁く通うお店です。

 

ホームページやFACEBOOKなどでも色々な本の紹介をされていて

天神橋新聞もいつもチェックさせていただいております。

 

th_IMG_6248

 

なんだかワクワクするタイトルの雑誌もいっぱい並んでいます。

th_IMG_6251

th_IMG_6250

 

 

 

棚のスペシャルコーナーにも西日本書店さんオススメセレクトの本たちが・・・

th_IMG_6246

 

 

 

おでかけのお供にはやっぱり文庫サイズがいいですよね。

ということでお店の奥のコーナーへ。

th_IMG_6243

 

 

 

天神橋新聞

「オススメの文庫本を教えてください!!」

 

 

 

西日本書店・金谷さん

「それはこちらの2冊です!!」

th_IMG_6245

 

 

 

th_IMG_6356(1) th_IMG_6357(1)

 

尾形真理子さんの「試着室で思い出したら本気の恋だと思う。」

ドリアン助川さんの「あん」

 

をご推薦いただきました。

 

「試着室で….」は、恋愛下手の女子が訪れる、不思議な魅力を持った
オーナーのいる路地裏のセレクトショップを舞台に
語られる、繊細な大人女子?たちの恋模様を綴った物語。
女性にはぜひ読んでいただきたいとのことですが、実は、、、男性が買い求めて
行かれることもある1冊なのだとか。
タイトルも素敵ですが、実はこの装丁、初回盤というのでしょうか今だけの
特別仕様だそうです!

 

「あん」は、ミュージシャンであるドリアン助川さんが魂を込めて書き上げた小説。
樹木希林さんがお孫さんの内田伽羅さんと
共演したことでも話題になった映画の原作です。
奈良在住の河瀬直美監督がこの本を読んでぜひ!映画化したいと
熱望したというエピソードがささやかれるほどの感動作。
テーマはなかなか深く、病気や苦難、偏見を乗り越え
一生懸命に生きようとする老女を中心に、人間はなぜ生きるのかという
テーマを見事に描き出しています。

 

 

恋や人間という、生きて行く上で深く私たちに関わるテーマを
紡いでいる2冊です。

 

 

旅先で、電車の中で、はたまた休日の公園などで読むのに

良さそうです。

 

そっとカバンに忍ばせて、おでかけしてみてはいかがでしょう。

 

 

th_IMG_6358

 

 

 

西日本書店さんは、絵本の読み聞かせイベントを開催しておられます。

次回は、6月13日(土)14:00〜 OAP店にて開催。

30−40分ほど、ボランティアのかたによる紙芝居や絵本の

朗読が行われます。

子供さんはもちろん、大人の方の参加も大歓迎だそうですよ!

 

***********************************

☆西日本書店☆

 

住所:大阪市北区天神橋2丁目北1-14

電話:06-6352-5577

Fax:06-6354-2800

Mail info@books-nishinihon.com

 

http://www.books-nishinihon.com/

https://www.facebook.com/booksnishinihon

 

営業時間 平日9:00-21:00 土曜日9:30-21:00 日祝日11:00-20:00

定休日 不定休

Share (facebook)