天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

ハナシがはずむ♬ 噺カフェ

 

みなさまこんにちわ。

 

最近プライベートでも・・・

趣味は?と聞かれたら

迷わず天満・天神橋界隈のお散歩ですと

答える天神橋新聞です。

 

 

本日も、天神橋新聞が散策をしていたおりに出会った

素敵なお店をご紹介したいと思います。

 

 

実は・・・天神橋新聞の人気コーナー「天神橋DEおやつ」で
一度ご紹介をしたことがあるのですが覚えていらっしゃい
ますでしょうか。

 

http://tenjinbashishinbun.com/tenjinbashi-de-oyatsu16-0037-html.html/

 

 

本日ご紹介するのは・・・

噺(はなし)カフェです。

 

 

場所は、地下鉄谷町線・南森町駅やJR大阪天満宮駅から10分。

京阪&地下鉄谷町線・天満橋駅から8分のところ。

大川より北側のエリアです。

 

 

ご近所には、創業・安政5年(1858年)の老舗

かわい提灯さんがあります。

 

 

ちなみに安政って、ペリーが「ねぇ江戸幕府〜、YOUたち開国しない〜?」と

黒船でやってきた年代で、

安政5年は、今のNHK大河ドラマ的な観点で申しますと

吉田松陰先生が、野山獄に入牢されたころでございます。

 

その頃から、この地で明かりを灯されてきたかわい提灯さん

の近くに、噺カフェはあります。

 

th_IMG_7173

 

 

 

 

この左手にあるタツタビルの1階がお店の場所。

th_IMG_7174

 

 

th_IMG_7175

 

 

こちらが外観。

th_IMG_6560

th_IMG_6561

 

 

この特徴的なガラス窓を見て・・・

すでにお気づきになられたかたもいらっしゃるかと思いますが

こちらは、駒鳥文庫さんが以前、入っていた場所になります。

th_IMG_7180

 

 

 

立派なシカのツノがドアノブに…(本物のエゾジカのものです)

th_IMG_6564

 

 

敬愛するC.Wニコル先生の気持ちで、いざ入店。

th_IMG_6559

 

 

 

天神橋新聞

「あらためましてこんにちわ!!

お喋りも大好きな天神橋新聞です!」

 

 

 

「こんにちわ!いらっしゃいませ!」

 

 

カウンターには常連さんもいらっしゃいます。

th_IMG_7176

 

 

光がたくさん入る窓際の席もいい感じ。

th_IMG_7179

 

 

 

ドアをあけてすぐ右側には棚が。

th_IMG_7177

th_IMG_6546

 

 

あら?落語関係の本が多いですねぇ。

th_IMG_6548

 

 

落語会のフライヤーや、フリーペーパーも。

th_IMG_6547

th_IMG_6549

 

 

壁には上方落語の家系図まで….

th_IMG_6551

 

 

 

こ、これは。。。

詳しく聞かねばなるまい。

 

その前に、、、、

 

 

 

腹ごしらえをば。

th_IMG_6598

 

 

 

天神橋新聞

「看板メニューの鹿肉カレーをお願いします!」

 

 

出てまいりましたのがコチラ。

マイルドなお味の鹿肉カレーです。

 

 

鹿肉を食べたことがないかたへご説明しますと、

お肉はまったくクセがなくあっさりとしたお味。

個人的には牛肉よりカレーにはあうお肉だと思います。

 

噺カフェでは、わざわざ長野県から取り寄せた新鮮な鹿肉を使用。

秘伝のタレにつけこんでありますのでとっても柔らか〜!
スジ肉も入っています!

 

鹿肉は、栄養価が高く高タンパク低カロリーなのだそうですよ!

ご飯にも雑穀が入っていてこれまたヘルシー。

th_IMG_6553

 

天満界隈で鹿肉のカレーを食べられるところも、こちらのお店ぐらいでは

ないでしょうか。これは、一度食べてみる価値ありです。

th_IMG_6556

 

このつけあわせのお豆のサラダもおいしいんです〜。
柑橘類がちょこっと入ってマリネされているのがgood!

お口直しにもぴったりです。

th_IMG_6555

 

 

鹿肉カレーにはキーマもありましてね。

温玉がのっています。

th_IMG_6565

th_IMG_6577

 

さきほどの鹿肉カレーとはまたちがったお肉感を楽しめるひと品。
スパイスの香りも立ち上るおいしいキーマです。

とろり卵をからめて召し上がれ。

th_IMG_6578

 

他にも魅力的なメニューもあります。

もちろんアルコールも!

th_IMG_6591 th_IMG_6592

 

 

さてお腹もいっぱいになったところで・・・

 

 

天神橋新聞

「あのう….さきほどから気になっていたのですが、

お店には落語関係のものが多いですねぇ。」

 

噺カフェ店主・佐藤さん

「はい。うちのお店は私が落語が好きだというのもあって、

落語をはじめ、いろんなイベント・企画などの情報を発信する

場所として、今年の4月8日にオープンしたんですよ!」

 

こちらのかたが、女性店主の佐藤さんです。

th_IMG_6581

 

 

天神橋新聞

「なるほど!だから、お店の名前も噺(はなし)カフェ。
落語関係のものを多く置いてらっしゃるんですね!
佐藤さんは、もともと落語とはどのように出会われたのですか?」

 

 

噺カフェ店主・佐藤さん

「関西にいるときからたまに寄席にいったりしていたのですが、
本格的にのめりこむようになったのは、主人の転勤で東京に行ってからですね。
そこで、江戸前落語の世界にふれまして….。
東京に行ってから演芸場に行く機会があり、三遊亭遊馬さんというかたの
落語を見てから、その魅力にとりつかれるようになりました。」

th_IMG_6584

 

 

佐藤さんは、遊馬さんの「蛙茶番」というお話が大好きだそうです!

遊馬さんは、平成26年度・第69回文化庁芸術祭賞(大衆芸能部門)大賞 受賞

していらっしゃるかたです。

th_IMG_6583

 

 

噺カフェ店主・佐藤さん

「遊馬さんの落語に出会ってすぐ、ファンクラブに入りまして(笑)
そのあと、独演会のお手伝いなどスタッフとして活動していました。
それで、関西に帰ってくることになり、このビルに出会ってまたまた一目惚れ。。
まだ何をするか具体的に決めてなかったのですが、すぐに大家さんにお話をして
見学させていただき、トントン拍子で借りることに。

自分の好きな落語の情報などを発信できる場所、みんなが情報交換や
交流できる場所が作れたらいいなぁと以前からお知り合いだった、
桂 雀太さんに色々と相談させてもらったりして、openできました。」

 

天神橋新聞

「すごい!佐藤さん、行動力がありますね!!

さらには、ご縁がすごい!」

 

 

噺カフェ店主・佐藤さん

「会社帰りの女性のかたにも気軽に立ち寄っていただける
ようなカフェを目指しています。アフター5に、グランフロントとか
に行くような感覚で、ふらっときていただけるように・・・。

フレンチプレスで淹れたコーヒーや南部鉄のポットでお出しする紅茶なども
ご用意してありますので、ほっこりしていただきたいです。」

 

コーヒー豆は有機豆。

th_IMG_6569

th_IMG_6571

 

茶葉は3種類から選べます。今回はアールグレーをいただきました。

th_IMG_6572

 

 

オープンしてまだ3ヶ月なんですが天神橋新聞がお邪魔している間に、
東京で落語会を企画している女性の方が、わざわざフライヤーを置いてくださいと
持ってこられたり、常連とお見受けする天神橋のムッシュがティータイムを
楽しみにご来店。早くも、天満・天神橋界隈の隠れ家的な存在になろうとしている
噺カフェさんです。

 

th_IMG_6582

 

 

みなさん、佐藤さんとのたわいない会話も楽しんでおられます。

近所に、落語のお囃子さんのお稽古場があるとのことで、

お囃子さんがいらっしゃることも….

th_IMG_6585

 

 

天神橋新聞

「ちなみに噺カフェで落語会とかないんですか?
佐藤さんのお話を聞いていて、とっても興味が湧きました。
こんな素敵な空間で、落語とか聞いたら楽しいでしょうね!」

 

 

噺カフェ店主・佐藤さん

「それがあるんです!!実は、7月から毎週金曜日19:30スタートで
落語会を開くことにしたんです!名付けて『ハナキン 噺カフェ金曜落語会』です。」

 

CHX4D2eUYAA2veN

 

噺カフェ店主・佐藤さん

「毎回、若手の落語家さんに二人ずつ来ていただいてお噺を披露していただきます。
桂 咲之輔さんという方に中心となって動いていただいてまして、今後、いろいろな
落語家さんにご登場いただく予定です!」

 

 

佐藤さんいわく落語の良いところは、チケット代もお手軽な価格でたっぷりと楽しめるところ。
古典落語など、古い時代のお噺であっても聞いているうちにタイムトリップして
クスッと笑ってしまえるのが魅力なのだとか。

 

江戸前落語は、廓噺が多く粋なストーリー。男の落語家さんが色っぽく花魁の口調で
話すところも見どころ。上方落語は、お囃子が入ったりして賑やか…など違いもあって
初めてのかたでも十分楽しめるとのこと。

 

色々とこだわる店主・佐藤さん。

これから始まる噺カフェでの落語会のために、冒頭にも出た

かわい提灯さんで、専用の提灯を作ったそうです!気合入ってますよ!!

 

 

 

 

天満には繁昌亭もあるし、、、

落語に行ってみたいな…でも、初めて行くのも緊張するな…

というかたは、まず噺カフェさんの落語会を体験してみられるのも

いいのではないでしょうか。

落語会のあとはそのまま噺カフェで交流会も予定しているとのことですから

噺家さんとお話することもできます!

色々と落語のお話も聞くことができるかもしれませんね!

 

チケットただいま絶賛受け付け中!

ご興味のあるかたは噺カフェへお電話かメールでご連絡を!

 

 

天神橋新聞

「アノゥ….今さらぶり返すようですが、なぜ鹿カレーなんですか?」

 

 

噺カフェ店主・佐藤さん

「それは・・・・

噺家….ハナシカ….シカ….. からです。」

th_IMG_6597

 

 

「!!!!!!!!!!!!!!」

 

 

おあとがよろしいようで。

 

 

***************************

噺カフェ

〒530-0041 大阪市北区天満3−4−5

TEL:06−6351−0588

 

カフェ営業時間 * 11:00~22:00(ラストオーダー21:30)
カフェ定休日 * 日曜日

 

オフィシャルHP
http://hanashicafe.web.fc2.com/

 

 

オフィシャルFACEBOOK
https://www.facebook.com/pages/%E5%99%BA%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7/1566581406928794?fref=ts/

Share (facebook)