天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

天満☆DE☆ランチ!!【 創作カレーのお店 garam(ガラム)】

 

 

 

さぁやってまいりました!!「天満☆DE☆ランチ」

今回は松ケ枝町にある創作カレーが人気のお店をご紹介します!!

 

堀川小学校の裏の一方通行を少し東に進んだクロウビルさんにあるこちらのお店!!

 

 

カレー&ダイニング garam(ガラム)

 

 

 

早速お邪魔してみましょう!!

 

 

こんにちわ〜!!

 

 

店内はカレー屋さんには珍しく広々としたスペース!

 

 

厨房で仕込みをされているのがオーナーの吉川 裕樹さん。

後ほど顔写真が出てきますがかなりのイケメンです!!

 

 

早速、吉川さんにお話を伺いました!

 

居心地の良い空間で食事を!

天神橋新聞:
「まず初めにお店の中に入ってビックリしたんですが、カレー屋さんには珍しい広々としたスペースですね。」

吉川さん:
「そうですね。カレー屋さんてどうしてもお客さんの回転率をあげないといけないから、ゆったりとしたスペースのお店って少ないと思うんです。そうするとお客さんは食べたらすぐにお店を出ないといけないっていう気になるじゃないですか。でも僕自身がご飯を食べる時はせかせか食べるのが嫌でご飯を食べた後も、お茶でも飲みながらゆっくりしたいんです。だからお客さんには出来るだけゆっくりしてもらえるような空間を提供したいと思ったんです。」

天神橋新聞:
「店内のBGMもかなり聴き心地の良い音楽ですね。」

吉川さん:
「みんな音楽のジャンルの好き嫌いってあると思うんですけど、なにか片寄ったジャンルの音楽を流してしまうと、そのジャンルの音楽が苦手な人は凄く耳障りな気持ちのままご飯を食べないといけなくなるでしょ。だからできるだけ万人受けするような音楽を流すようにしているんです。ちなみに今日のBGMは知り合いの音楽クリエイターにリクエストしてミックスしてもらったアルバムなんですよ。」

 

 

自分にしか作れないカレー

天神橋新聞:
「garamさんのカレーは『創作カレー』ということですが、どんなカレーなんですか。」

吉川さん:
「うちのカレーは『赤』と『白』の2種類あるんですが、まず『赤』はタマネギ、ニンジン、セロリ、トマトをベースにじっくり煮込んで寝かせて、その後、野菜の繊維をミキサーにかけてペイスト上にしてさらに煮込んで野菜のエキスを全て抽出してつくったカレーです。

 

 

 

次に『白』は鶏ガラをベースにしているんですが、こちらもまずじっくりに煮込んで寝かせてから、鶏ガラをこして、味噌と豆乳を加え、さらにそこから寝かせて最後にスパイスを入れて味を整えています。

 

天神橋新聞:
「どちらのカレーもかなり時間をかけてつくっているようですね。」

吉川さん:
「そうですね。手間隙は本当にかけています!(汗) でもその手間隙をかけた分、味のこく味と深みには自信があるのでそれを味わってもらえれば嬉しいですね。」

 

吉川さん:
「それにどちらのカレーも油と小麦をあまり使っていないので、ルーを寝かした時のあのドロったした油の成分も無くサラサラなんですよ。普通のカレーに比べてカロリーも低くヘルシーに食べれるのも特徴ですね。」

元々創作料理のお店で料理人をされていた吉川さん。自分でけにしか作れない特別なカレーを提供したいという想いから3年越しに完成したのがこの「赤」と「白」の2種類のカレー。

 

それではgaramさんの「レッドカリーランチ」、「ホワイトカリーランチ」それぞれいただきました!

 

まずは「レッドカリーランチ」!!

 

 

 

野菜スープのように野菜の甘みがしっかりと出ているカレーで、トマトの味もしっかりしているのでイタリアンテイストのカレーです!

※お値段 700円

 

 

 

お次は「ホワイトカリーランチ」!!

 

 

 

 

こちらは「レッドカリーランチ」とは対照的に、豆乳と味噌の香りがほんのり香る、和風テイストで健康的な味わいです!!

※お値段 700円

 

どちらも想像していた辛さは全くなく、辛いのが苦手な女性やお子さんでもペロリといける味付けです!

 

 

しかし私は辛いカレーが大好きだ!!というアナタにはこちらがお勧!!

 

 

garam特製スパイス!!!

赤用、白用それぞれございます!

 

 

吉川さんいわく、初めはカレーをそのまま食べてみて、その後にカレーの具に入っているお肉を崩して食べて、最後に特製スパイスを加えて、三段階の味の変化を楽しむのがオススメとのこと!!

 

 

天神橋新聞:
「ごちそうさまでした〜!!いや〜どちらもペロリと食べちゃいましたよ〜!!」

 

 

吉川さん:
「ありがとうございます!はい。食後のコーヒーです!!」

天神橋新聞:
「えっ!?僕コーヒーは頼んでませんけど!?

吉川さん:
「これはランチを食べにきてくれた人に、僕から無料でサービスしているんです!ご飯を食べた後はゆったりコーヒーが飲みたくなるでしょう??」

天神橋新聞:
「garamさんでは食後まで居心地の良さを追求しているんですね!!」

吉川さん:
「食後はお時間の許す限りゆっくりしていって下さい!でもお店は僕1人でまわしているので、お店が忙しい時にはコーヒをお出しする事が出来ない場合もあるのでその時はごめんなさい!!」

天神橋新聞:
「いやぁ〜サービスでコーヒーがいただけるんだから、忙しい時は仕方ないっすよ!!」

 

 

 

そして取材終了後こちらの「天神橋新聞ステッカー」をお渡ししたんですが!

 

 

吉川さん、その場でステッカーを貼ってくれました!!

 

 

え、笑顔がハンサム過ぎます!!!

 

吉川さん:
「僕も松ケ枝町を盛り上げていきたいという想いが凄くあるので、同じような想いの天神橋新聞さんのことはどんどん応援したいですね!他にも目立つところに貼りますね!」

 

そういうと吉川さん、なんとお店の入口にもステッカーを貼ってくれました!!

 

天神橋新聞:

「ありがとうございま〜す!!!(>_<)」

 

 

 

ゆったりとした空間で食べるヘルシーなカレー。

みなさんのランチレパートリーにgaramのカレーを入れてみてはいかがでしょうか??

 

 

************************

garam (ガラム)

住所:大阪市北区松ケ枝町6-1 グロウビル 1F

電話:050-5872-5084 (予約専用)

営業時間:
[月・水~金]
11:00~14:30(L.O.),17:00~22:00(L.O.21:30)
[土・日]
11:00~21:00(L.O.20:30)

定休日:火曜日、祝日

Share (facebook)