天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

【イベントレポ】1000人で恵方巻き!に参加してみた

 

お祭り・イベント大好き、天神橋新聞です。

 

本日は立春ですよ〜!みなさま!

 

 

2015年に入ってから、なんどこちらの境内に足を運んだことでしょう。

天神橋新聞の氏神様とも言える大阪天満宮に、

節分の昨日、またまた行ってまいりました。

 

 

 

朝の9時半の光景です。

 

この時点で、すでに500人近い人が並んでおられました。

 

もしや、9時前に来られていたかたもいらっしゃったのでは・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

そう。

 

 

2月3日の節分の日は・・・

 

 

天神橋新聞も先日告知させていただいておりました

大阪海苔協同組合主催による、海苔のチャリティーイベントが行われる日であったのです。

もう、かれこれ38年も続けていらっしゃるのだとか。

その年に収穫された「上質で 美味な新海苔」を市価より安い価格で販売し、

その売上金で車いすを購入し、大阪市社会福祉 協議会へ寄付をされるといった

とっても社会的な活動なんです!!

 

クライマックスには、1000人で恵方巻きをかぶりつくという

ピースフルでクレイジーなイベントが待ち受けています。

なんと、恵方巻きは、無料で配布されます。

 

 

恵方巻きに辿り着くには、事前に配布される整理券をもらって

引き換えなければいけないということで・・・

 

 

いささか焦りながら、列へ。

 

 

 

天神橋新聞の周りでは

 

「おねぇちゃん、どっからきはったん?」

 

「私、昨年、テレビで見てきたんですけど、人が多すぎて整理券もらえなかったから

リベンジです。」

 

とか

 

「整理券は、10時半から配るけど、巻き寿司は11時40分から配るねんて。」

 

「わし、列に並ぶのん好きちゃうねんけど、これは別っちや。」

 

とか

 

「時間かなりあるから、その間に天神橋散策してきはったらええねん。」

 

「あの、中村屋のコロッケしってはる?」

 

 

などなど、THE・関西人気質全開な会話が繰り広げられておりましてね。

初参加ですけど、並んでいる間に何が行われるか全部わかりました。

 

 

 

 

ありがとうございます。

 

マジ感謝。

 

 

 

 

 

川で獲物を狙う白鷺のごとく黙って並ぶこと、1時間・・・

ようやく列が動き出しました。

 

 

 

 

はやる心をおさえ、進んでゆきます。

 

 

前方には、混乱をさけるための関門が。

 

法被もカッコイイ。

 

 

 

 

と、とったどーーーーーー!

注:手はキンキンに冷えています。

 

 

巻き寿司をいただけるまで時間があるので、境内をぐるり。

 

 

チャリティーイベントということもあって、上質な海苔が

破格のお値段で提供されていました。

 

 

 

吉方である、西南西に目印が掲げられています。

 

巻き寿司のバルーン!

 

 

 

と、ここであまりの寒さに心が折れ、ティータイム。

 

 

 

はぁ〜〜〜 ホッコリ♨

 

 

 

あらためて整理券を見直します。

 

 

 

 

お茶までついているのか・・・

 

 

 

 

 

 

???!!!!!!!!!!

 

 

巻き寿司のお渡しを保障するものではありません?!

 

 

 

 

 

マズイ。

 

初心者にありがちな、整理券をもらったことで安心して

肝心の海苔巻きをもらい損ねてはいけない。

 

 

ダッシュ!!

ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

 

 

もう引き換えはじまってる!!

 

 

 

 

 

 

 

 

ついに・・・

 

 

 

 

 

巻き寿司ゲットー!!!

 

お手拭きとお茶まで入っています。大阪海苔協同組合さん太っ腹!!

 

 

 

 

 

巻き寿司を片手に、結界の中へいざ参らん!

 

 

 

 

ステージでは、繁昌亭からいらした落語家さんの軽快なトークが弾んでいます。

 

 

それにしてもすごい人出!!

 

 

神職の方がご登場になり、節分に際し無病息災のお祓いをしてくださいました。

 

 

 

フワッサァー

 

 

 

フワッサァー

 

フワッサァー

 

 

フワッ

 

 

ご祈祷中は、みんな静かです。

 

 

さぁ、いよいよお待ちかね・・・

 

 

全員で巻き寿司を食します。

 

 

デカイ。

そして、海苔、ツヤッツヤッ!

 

 

 

 

3・2・1の掛け声で

 

恵方を向いて・・・

 

 

 

パクリ。

 

 

 

 

おいしい〜!

甘くジューシーに煮たカンピョウや高野豆腐、ミツバなどが入った本格派の巻き寿司です!

 

 

だまってひたすらいただきます。

 

 

 

 

食べ終わったら、巻き寿司の入れ物と引き換えに・・・

 

 

お土産もいただけました。

 

 

 

いつものとおり・・・

みなさん、撤収早いですね・・・

 

 

 

 

(笑)

 

 

ご興味のあるかたのために、参考に記しておきますと、

天神橋新聞のイベント参加所要時間は、

朝の9時半から並び、巻き寿司を食べ終えるまで3時間ほどでした。

冷えますので、参加される場合は防寒・天候対策をお忘れなく。

 

 

みんなで、巻き寿司をいただいて無病息災を祈る。

とっても良いイベントです!

 

昔、天神橋界隈の大川沿いには、天満市があり乾物問屋が並んでいたのだとか。

現在でも、天満宮さんの近所には、乾物を取り扱うお店があります。

そんな地でいただく、巻き寿司は最高です。

 

こちらのイベントは、毎年2月3日の節分に行われていますよ〜!

 

要チェック!!

 

 

 

Share (facebook)