天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

大阪ではかなり珍しいマレーシア料理店「エー・ファモサ」が天神橋にオープン!

皆さんは、大阪では非常に珍しい「マレーシア料理」を

天神橋で食べられるのをご存知でしょうか!?

どれぐらい「マレーシア料理店」が珍しいかと言いますと、

大阪府下では約3店舗しかなく、

さらにマレーシア人のシェフのいるお店は、

2店舗のみと言われているぐらい希少なんです!!

なんと!!そんな本場の「マレーシア料理」が食べられるお店が

天神橋に7月にオープンしました!!

th_IMG_6016

マレーシア料理 エー・ファモサ

住所:大阪市北区池田町8-2 天満食彩ろぉじ東の道

電話:06-6353-1166

定休日:不定休

 

場所は、天満市場のすぐ北側にあります!

最近よく「裏天満」と言われているあの辺りですね!

早速お店に入ってみると!!

th_IMG_6014

ま、ま、萬田ハン!!!

th_IMG_6013

そして、その萬田ハンの睨みを

笑顔で観ている一人の外国人!!!

 

完全に来る店を間違えたと冷や汗が流れましたが、

なにを隠そう、こちらが「 エ・ファモサ」のオーナーシェフ  エルトン・チョンさん!!

th_IMG_5997

深夜の放送を録画して休憩時間に観る程、

萬田の銀次郎ハンの大ファンだそうです!!

大阪ソウルシネマファンの外国人だなんて、これは只者ではない匂いが、、、

 

天神橋新聞
いやぁ〜お店の扉を開けた瞬間、萬田銀次郎をニヤツキながら観ているエルトンさんを見たらマジで帰ろうかと思いましたよー!(笑)

エルトンさん
ごめんなさいね!まだ取材来ないと思ってテレビ付けてました!(笑)

天神橋新聞
それでは、今日はよろしくお願いします!

エルトンさん
こちらこそ、よろしくお願いします。

天神橋新聞
早速ですが、大阪ではマレーシア料理のお店はかなり珍しいと伺いましたが!?

エルトンさん
そうですね!マレーシア料理のお店と言っても日本人やタイの人がシェフをやっているお店はあるかもしれませんが、マレーシア人がシェフをやっている本格的なお店は、私の友達がやっている、「ケニーアジア」というお店と、この「エー・ファモサ」だけしか知りません!

天神橋新聞
そんなに少ないんですね!たしかに大阪でマレーシアの方を見掛けることも少ない気がしますが、エルトンさんが大阪に来られた経緯は!?

エルトンさん
話せば少し長くなりますが大丈夫ですか!?

天神橋新聞
ぜひぜひ!そういうお話しも聞きたいんで!

th_IMG_5981

エルトンさん
私はマレーシアの学校を卒業した後に、マレーシアのスポーツバーで働いていたんですね。そのスポーツバーには、ダーツやスヌーカーというビリヤードのようなイギリス発祥のスポーツをお酒を飲みながら楽しみことができました!

天神橋新聞
ふむふむ!それでそれで??

エルトンさん
なかには、そのスヌーカーで賭けをしながら楽しむお客さんさんもいたんですが、その掛け金が当時の僕には考えられないほど大きなお金だったんです!そして、そのお客さん達に話しを聞いてみると、みんなマレーシアに来る観光客の「ガイド」の仕事をしていたんです!

天神橋新聞
マレーシアでガイドをするっていうのは、とっても儲かったんですね!

エルトンさん
そうなんです。元々マレーシア人のほとんどは、学校を卒業する頃にはマレー語と英語、北京語の3カ国後を話せるようになっているんです。私はそれに加えて日本語も話せるようになって、日本人の旅行者に対してガイドが出来るようになりたいと考えたんです!

天神橋新聞
それから、それから??

エルトンさん
それで、そこから日本に来て半年間日本語の勉強をして、マレーシアでガイドの仕事に就きました!

天神橋新聞
半年で日本語をマスターって凄いですね!?

エルトンさん
実は私もそうなんですがマレーシアには華僑の人が多く、漢字の勉強は小さい頃からしているので、日本語に対するハードルそこまで高くないんです!

天神橋新聞
なるほど!でも、そこからどうして日本でお店を始めることになったんですか!?

エルトンさん
日本語を勉強した後、1989年から98年まで約9年間マレーシアでガイドの仕事をしていたんですが、90年代後半に起こったアジア経済危機で、このままガイドの仕事を続けていくのは難しいと考えていました。そして、ちょうどその頃私は日本人の奥さんと結婚をしたということもあり、そのまま日本で料理の仕事をしようと決意したんです!

天神橋新聞
エルトンさん、日本人の奥さんがいるんですね!!奥さんとのお話も気になりますがガイドの仕事からいきなり料理の仕事をするって大変だったんじゃないですか!?

エルトンさん
マレーシアのガイドっていうのは、会社に属してはいるんですが、日本のサラリーマンのように毎日9時から17時まで、決まった日時で仕事をするわけではなく、ガイドが必要な時に会社から連絡があり仕事をするといったスタイルなんです!だから多くの人は、自分でお店を経営しながら必要とされた時だけガイドをしているんです!

天神橋新聞
いわゆるダブルワークが支流なんですね!じゃーエルトンさんも自分でお店を!?

エルトンさん
そうですね!私もガイドの仕事をする傍ら、自分でマレーシア料理の屋台を経営していました!だからずっと料理の勉強もしてきましたし、サービスのお仕事もやっていたんです!

天神橋新聞
なるほど!そこから満を持して自分でお店を始めたんですね!?

エルトンさん
日本に来てはじめは、天満駅の近くの「火無夷-カムイ」というラーメン屋さんで働いていました!そして、その後知り合った日本人と大阪で初めてと言われるマレーシア料理店「イーデン」をオープンさせました!その後、「イーデン千里丘店」、また別の梅田にあるマレーシア料理店と修行を重ねた後に、自分のお店「エルファモサ」を千里丘にオープンしたんです!

天神橋新聞
日本に来てからも料理の修行をした後に、ご自身のお店をオープンされたんですね!

エルトンさん
はい!日本でも色々と経験をし、自分のお店をオープンする事が出来ました!その後、千里丘の「エルファモサ」を「エー・ファモサ」と名前を変えて今年の7月に、ここ天神橋の「天満食彩ろぉじ」に移転したんです!

th_IMG_5992

th_IMG_5989

実は「エー・ファモサ」のある辺りは、

「天満食彩ろぉじ」というエリアで、

敷地内に石畳の路地を通して、京町家をイメージした、

瓦や漆喰に似た白壁等日本の伝統建築が持つ風情を活かした外観のお店が

10店舗連なる食の空間で、「西の道」が2016年4月に5店舗、

「東の道」が2016年7月に5店舗オープンした、

天神橋の新たなグルメスポットなんです!

th_IMG_6029

th_IMG_6034

th_IMG_6023

th_IMG_6031

「天満食彩ろぉじ」には、「エー・ファモサ」の他にも、

注目のお店がたくさんあるので、また別のお店も取材したいと思います!
 
天神橋新聞
それじゃーエルトンさん!お店自慢のお料理をお願いします!

エルトンさん
分かりました!それじゃー今日はお店のオススメメニューを作りますね!

と、まず初めに出て来たのが、

th_IMG_5911
カンコンパラチャン-空心菜炒め

茎が空洞になっているため、中国語で空心菜と呼ばれる野菜で、

マレーシアでも人気ナンバー1の炒め物野菜だそうです!

ビタミンA、ビタミンCが豊富に含まれていて栄養抜群!

th_IMG_6868

th_IMG_5975

味付けにはマレーシアから直接仕入れている、

チリパウダーを使っていて、何とも癖になるピリ辛 具合がたまりません!!

 

お次ぎに出て来たのはこちら!

th_IMG_5940

th_IMG_5943

エビのバター炒め

贅沢にもブラックタイガーを4尾も使ったプップリの食感がたまらない一品です!

th_IMG_6874

まわりの衣のは卵の黄身とマーガリンを油で揚げたもので、

程よい甘いさでエビのうま味を引き立たせてくれます!

こちらに使用しているマーガリンも、

マレーシアから直接仕入れているものを使っているそうで、

本番の味付けへのこだわりが感じられます!

th_IMG_5973

そして、最後にもう一品!!

th_IMG_5954

th_IMG_5960

ナシゴレン

マレーシア料理の大定番!!

ナシゴレンといえばインドネシアでも代表的な料理ですが、

インドネシアの場合は甘みが強いのが特徴に比べ、

マレーシアのナシゴレンは味付けがピリ辛なのが特徴!!

注文時に辛さが選べるので、大の辛いもの好きという方にもオススメです!!

th_IMG_6883

さらに、今回ナシゴレンはランチセットで注文をしたので、

サラダとスープ、しめのアイスクリームまでついてきました!!

th_IMG_5968

th_IMG_5971

エビも入ったナシゴレンにこれだけのセットが付いてきて、

このボリュームでランチタイムは何と800円とかなりのお値打ち価格です!

th_IMG_5965

天神橋新聞
いやぁ〜エルトンさん!どの料理もピリ辛や甘口具合が日本や他の国の料理と一味違っていて、ほんとマレーシア料理はまっちゃいそうですよ!!

エルトンさん
ありがとうございます!!日本には、置いていないマレーシアの本場のスパイスを使っているので、味の特徴が出ているんだと思います!

天神橋新聞
しかも、ナシゴレンのランチにはサラダにスープ、デザートまで付いてくるんですね!?

エルトンさん
はい!他にもランチタイムには、「あんかけ丼」や、 「ナシルマ (一皿でマレーシアの多民族料理)」、「ミイゴレン (マレーシア焼きそば」、「海鮮太麺 (マレーシアの屋台で定番麺料理)」、「あんかけ太麺炒め」、「福建麺 (スープ麺)」、「チキンカレー」、 「野菜カレー」、 「シーフードカレー」など沢山のメニューの中から選んでもらう事ができます!全てスープ&サラダ&デザート付です!

天神橋新聞
おぉ!!これは、他のランチメニューも要チェックですね!!夜のメニューは何品ぐらいあるんですか!?

エルトンさん
現在全部で60品あります!季節によってもメニューを変えていくつもりなので、例えば冬にはチゲと鶏のスプーン両方を楽しんでもられる鍋も作ろうと思っているので、色々な料理を楽しんでもらえると思います!!

th_IMG_5984
天神橋新聞
 
おぉ!冬場のチゲ&鶏!!良いですねぇ!!そういえば、気になってたんですがお酒の種類も結構ありますよね!?

th_IMG_5995

th_IMG_6010
 
エルトンさん
そうですね!マレーシアでは特にビールがポピュラーなので、生ビールに加え、瓶ビールは7種類置いてあります!その他にもボトルキープが出来る焼酎なんかもありますので、お食事と一緒に是非呑んでみて下さい!

天神橋新聞
大のビール好きの天神橋新聞としては、次回は7種類の瓶ビールも是非飲み比べてみたいです!!エルトンさん今日はありがとうございました!!

th_IMG_5994

マレーシア、中国、インドと多様な文化が混ざり合い、

オリジナルなスパイシーさや、甘辛さが堪能出来るマレーシア料理!!

ランチから、ディナーのアラカルトまで品数60品と、沢山の味が楽しめる「エー・ファモサ」!!

是非、皆さんも足を運んでみてはいかがでしょうか!?

さらに、「エー・ファモサ」では、現在シェフを募集しているそうです!

腕に自信のある方や、マレーシア料理に興味のある方は、

お店までお問い合わせ下さい!

******************************
マレーシア料理 エー・ファモサ A・Famosa
住所 大阪市北区池田町8-2 天満食彩ろぉじ東の道
電話 06-6353-1166
営業時間 11:30〜14:30/17:00~25:00
定休日 不定休
E-mail info@afamosa.jp
ホームページ http://www.afamosa.jp/menu/index.html
Facebook  https://www.facebook.com/afamosa.osaka/

Share (facebook)