天神橋新聞は大阪府天神橋の粋な情報を発信するWEBマガジンです。

第33回 ギャルみこし オーディション「仮装 de ワッショイ!!」

いよいよ来週に迫ってまいりました!!

大阪最大級にして、日本三大祭りの一つ「天神祭」

そして天神祭と言えば、、、

お祭りに花を添える恒例の「ギャルみこし」!!

その「ギャルみこし」の担ぎ手を選ぶオーディションが、7/13に開催されました。

会場は、天神橋筋6丁目の「大阪市住まい情報センター」

このように公開形式で行なわれるため、一般の方でも観覧できるようになっています。

会場に到着すると、すでにTVや新聞などマスコミ関係者の方々が!!

 

それにしても辺りは男性ばかりですね〜

ギャルはどこでしょうか? キョロキョロ

 

 

 

 

ど〜ん!!

こちらの素晴らしく体格が良いのはスタッフさん。

みなさん「GmS」とプリントされたポロシャツを着用!

なるほど、ギャルみこしで「GmS」ですね…

われわれ天神橋新聞もTシャツ作ってみるか?

「TJBS」う〜ん、語呂が悪い…

 

まあ、そんなことは置いときまして

ギャルはどこですか〜? キョロキョロ

 

 

 

 

 

いた!ギャル発見!! ん〜眩しい〜〜♪♪

 

こちらは、昨年の優秀賞に輝いた方々!!

左から、、、

<ミス天神橋>      吉田 春菜さん 24歳(岩手出身)

<準ミス天神橋>   川野 澄香さん 20歳(大阪出身)

<準ミス天神橋>   上山 真里愛さん 18歳(大阪出身)

<御羽車娘>         河井 未菜美さん 22歳(京都出身)

 

司会 池内孝枝さん

 

さあ、いよいよオーディションが始まるようです。

ではまず、「ギャルみこし」について簡単にご紹介しておきましょう。

 

1981年に、大阪の地域振興、大阪文化の高揚、、、

おっと!いかん いかん!!ギャルに見とれている場合ではない!!

(ジャーナリズム精神、ジャーナリズム精神っと…)

 

「ギャルみこし」というのは、、、

主催は、「天神橋筋商店街」 扇町(天4商)〜天満(天4北)〜天5〜天6

地域の振興と大阪文化の高揚、明るく楽しい街づくりを目指すことを目的に、

1981年からスタートし、今年で33回目。

 

昨年に続き、今年もテーマは「つながれ日本女子」!!

天神橋から全国へ、女子のパワーを届けようという事です。

 

ギャルみこし実行委員長、鈴木崇司よりご挨拶

 

今年の応募者は「297名」*応募資格は15歳〜30歳までの女性

大阪出身の方が7割8割を占めていますが、

なかには兵庫や奈良、京都、和歌山、岡山など他県からの応募者も!!

その中から、書類審査を通過した方が、今日のオーディションで自己PRをし、

最終審査の結果、80名が「ギャルみこし」の担ぎ手に選ばれます。

 

どんな感じで自己PRするのかといいますと、

参加者は、「おもしろ」「スポーツ」「セクシー」の3部門のうち、どれか1つを選択して、

それぞれのテーマにあわせた衣装を身に付け、持ち時間内で自由にパフォーマンスを行ないます。

 

<おもしろ部門>

ブリッジで歩く!!

<スポーツ部門>

空手の型    いやはやお見事!!

<セクシー部門>

SEXYポーズ !!

Hoo〜♪ いいね!!

もういっちょHoo〜♪♪

すみませ〜ん!!こっちのカメラも、、、

 

 

 

 

 

はっ!!!

いかんいかん!!(ジャーナリズム精神!!)

 

 

 

要望次第で、スタッフさんの協力も可。

ドスッ!!ああ、ボディー入った〜!!

 

KO!!

悶絶するスタッフの岡田さん

パフォーマンス後は、「わっしょい!!」というカケ声とともに天秤棒を担ぎます!!

重さは、およそ70キロ!!足をふらつかずに担ぐのは相当な力が必要です。

わっしょい!!わっしょい!!

審査は鈴木実行委員長と、昨年の優秀賞受賞者、計5名で行なわれます!!

こちらは、順番待ち。

アニーのとなりに、太陽の塔が!?

なんというシュールさ!!

 

 

 

では、ここで、、、

パフォーマンスを終えたギャルに突撃インタビュー!!

<エントリーNO.43>

ホッタ ムウミさん 19歳(セクシー部門)

 

天神橋新聞

「お疲れ様でした!パフォーマンスを終えて、いかがでしたか?」

 

ホッタさん

「もう、すごい緊張しました〜!!」

 

天神橋新聞

「今回応募されたキッカケは?」

 

ホッタさん

「前から応募しよう!と思っていたのですが、

前回、友達(上山 真里愛さん)が準ミス天神橋に選ばれたので、それに触発され、

もう今年は出るしかないなと。」

 

天神橋新聞

「幸運お祈りします。ありがとうございました!」

 

<エントリーNO.31>

ニシムラ アイコさん 25歳(おもしろ部門)

 

天神橋新聞

「え〜っと…お疲れ様でした。」

 

ニシムラさん

「…………………ピュッ」

 

天神橋新聞

「あ、あの…その衣装は?」

 

ニシムラさん

「…………………ピュッ」

 

天神橋新聞

「うッ………(下のくちばしが何かしゃべっている…汗)」

 

<エントリーNO.50>

ウエダ ユキさん 15歳(スポーツ部門)

 

天神橋新聞

「手応えはいかがですか?」

 

ウエダさん

「バッチリっす!」 シュッ!!シュッ!!

 

天神橋新聞

「プロボクサーを目指されているという事ですが、ずばりボクシングの魅力は?」

 

ウエダさん

「相手におもいっきりパンチが当たった時は、ものスゴく快感です ♡」

 

天神橋新聞

「将来のご活躍期待しております。」

 

<エントリーNO.114>

タケウチ アユカ さん (セクシー部門)

<エントリーNO.115>

ヤマナカ マヤ さん (セクシー部門)

 

天神橋新聞

「かわいい浴衣ですね。お2人は、お知り合いですか?」

 

タケウチさん

「はい、お友達です。」

ヤマナカさん

「私は2回目のオーディションで、今年は絶対に選ばれたいです!!」

 

天神橋新聞

「幸運お祈りしております!お疲れ様でした!1」

 

約6時間にもおよんだオーディションは、今年も無事終了!!

出場者計「115名」

みなさん元気で楽しいパフォーマンスお疲れ様でした!!

 

鈴木実行委員長

「今年もクセのある強者ぞろいでした!!

 恥じらいを捨て、人前で自分をアピールする事によって1皮も2皮も剥ける!

ギャルみこしに応募しようか迷っておられる方、

あなたの人生が変わるキッカケになるかもしれませんよ!!」

 

(予測不能な!?)笑いあり、スポーツの清かさあり、セクシー美女のドキドキあり、

何が飛び出るのか見てみないと分からない、とても楽しいイベントでした!!

これだけエネルギーが満ち溢れていれば、

今年の「ギャルみこし」、また「天神祭」もさぞ盛り上がるに間違いないでしょう!

当日がますます楽しみになってきました!!

 

天神橋、いや、、、

 

いや日本の未来は明るい!!

 

 

<ギャルみこし 巡行>

7月23日

ホームページ  http://galmikoshi.com/

 

<天神祭>

7月23日(前夜祭)24日(宵宮) 25日(本宮)

ホームページ  http://www.tenjinmatsuri.com/

 

Share (facebook)